打开主菜单

織田作之助(日语:織田 作之助おだ さくのすけ Oda Sakunosuke,1913年(大正2年)10月26日 - 1947年(昭和22年)1月10日)是一位日本大阪市的小說家,常稱為「織田作」(おださく)。他以描寫大阪的平民生活而出名。

織田 作之助
(おだ さくのすけ)
Sakunosuke Oda.JPG
出生 1913年10月26日
 日本大阪府大阪市南区
(現天王寺区
逝世 1947年1月10日(1947-01-10)(33歲)
 日本東京都
職業 小說家
語言 日本語
國籍  日本
母校 第三高等学校退學
創作時期 1935年 - 1947年
體裁 小說
文學運動 無賴派
代表作 《雨》(1938年出道作品)
夫婦善哉》(1940年)
《青春の逆説》(1941年)
《天衣無縫》(1942年)
《土曜夫人》(1946年)
織田作之助像(大阪市生國魂神社

生平编辑

1913年(大正2年)織田作之助出生於大阪市南区生玉前町(現天王寺区上汐4丁目,生魂小学校正門附近)的一家餐館,為父親織田鶴吉的長男。

1920年(大正9年)入學當地的大阪市立東平野第一尋常高等小学校(現大阪市立生魂小学校)。1931年(昭和6年)自旧制大阪府立高津中学校(現大阪府立高津高等学校)畢業進入第三高等学校(新制京都大学教養部前身)。1934年(昭和9年)在卒業考試中咳血,結果中斷學業到白浜温泉療養,之後喪失學習興趣,在1936年(昭和11年)因出勤次數不達標而退学。

1935年(昭和10年)左右開始與後來的妻子宮田一枝同居,并開始寫作。最初想做劇作家,和青山光二一起創辦了同人誌《海風》。1938年(昭和13年)發表處女作《雨》。

1939年(昭和14年)3月開始寄住在長姐タツ的婆家,在這一時期曾與日本織物新聞社、日本工業新聞社工作,但也堅持文學創作。

1944年(昭和19年)8月6日妻子一枝患癌症逝世,享年31歲[1],2年後與笹田和子結婚。但當年12月就因肺結核引發大量咳血,進入東京病院(現東京慈慧會醫科大學附屬醫院)。他的病情不斷反復,次年1月10日逝世。

作品编辑

小説编辑

  • ひとりすまう
  • 俗臭
  • 夫婦善哉
  • 続夫婦善哉
  • 放浪
  • 探し人
  • 面会
  • 子守歌
  • 合駒富士
  • 婚期はずれ
  • 青春の逆説
  • 人情噺
  • 黒い顔
  • 許婚
  • 写真の人
  • 雪の夜
  • 家風
  • 航路
  • 立志伝
  • 動物集
  • 世間胸算用
  • 秋深き
  • 天衣無縫
  • 五代友厚
  • 月照
  • 勧善懲悪
  • 素顔
  • 漂流
  • 大人の童話
  • バーナー少佐の手記
  • 事始め
  • 婦人
  • 周囲
  • わが町Template:Efn2
  • 社楽
  • 眼鏡
  • 帽子
  • 聴雨
  • 勝負師
  • 大阪の指導者
  • 清楚
  • 異郷
  • 武家義理物語
  • 姉妹
  • 木の都
  • 電報
  • 高野線
  • ニコ狆先生
  • 猿飛佐助
  • 道なき道
  • 十五夜物語
  • 予言者
  • 見世物
  • 表彰
  • 奇妙な手記
  • 船場の娘
  • 訪問客
  • 注射
  • 昨日・今日・明日
  • アド・バルーン
  • 私設渉外局
  • 神経
  • 世相
  • 女の橋
  • 競馬
  • 夫婦善哉後日
  • それでも私は行く
  • 四月馬鹿
  • 夜の構図
  • 雨の都
  • 実感
  • 郷愁
  • 文楽の人
  • 湯の町
  • 二十番館の女
  • 薬局
  • 土曜夫人
  • 冴子の外泊
  • 好奇心
  • 中毒
  • 怖るべき女
  • 死神
  • 大阪の女
  • 夜光虫
  • 影絵
  • 妖姫伝
  • 妖婦Template:Efn2
  • 六白金星
  • 饗宴
  • 蚊帳
  • 妻の名
  • 星の劇場
  • 報酬
  • 民主主義
  • ヒント
  • 経験派
  • 旅への誘い
  • 十八歳の花嫁

評論编辑

  • 可能性の文学
  • 大阪論

戯曲编辑

  • 落ちる
  • 饒舌
  • モダンランプ
  • 私設人事相談所
  • 夜光虫
  • 初姿

参考文献编辑

  1. ^ 『オダサクさん、こんにちは ~生誕100年 作家・織田作之助と『夫婦善哉』~』(NHK大阪放送局製作。2013年8月24日放送[1][永久失效連結])より

外部連結编辑