打开主菜单

造兵司(日语:造兵司ぞうへいし訓讀:つわものつくりのつかさ)是日本律令制兵部省所屬機構。負責兵器的製造。[1]

職務编辑

負責兵器製造以及兵器製造者的管轄。製造者一般是屬於雜戶鍛戶甲作、靫作、弓削、矢作、鞆張、羽結、桙刊以及屬於品部的爪工、楯縫、幄作。雜戶從每年10月到翌年3月每戶負責一件兵器,品部則在必要時臨時徵收。

天平14年(744年)因雜戶解放而廢止。天平宝字2年(758年)復置。寬平8年(896年)與新設的兵庫寮統合。

職員编辑

以下為《令集解》所提及的職員:

  • 雜戶
    • 鍛戶 217戶
    • 甲作 62戶
    • 靫作 58戶
    • 弓削 32戶
    • 矢作 22戶
    • 鞆張 24戶
    • 羽結 20戶
    • 桙刊 30戶
  • 品部
    • 爪作 18戶
    • 楯縫 36戶
    • 幄作 16戶

參考文獻编辑

  1. ^ 「つわもの」の語源は、「器の者(うつわのもの)」であり、「武器を持った者」の意である。参考・小和田哲男 『この一冊で 日本の歴史がわかる!』 三笠書房 1996年 ISBN 4-8379-1628-7 p.133より。現代では、「強者」の字をあてたり、無手の者にまで用いる場合があるが、誤った用法。「強者」の和訓は「こわきもの」であり、『保元物語』にも「強者弱者(こわきもの よわきもの)」とある。

參見编辑