打开主菜单

反正天皇(日语:反正天皇はんぜいてんのう Hanzei Tennō;?-410年1月23日)是日本第18代天皇(在位406年1月2日-410年1月23日),名瑞齒別尊(日语:瑞歯別尊みつはわけのみこと Mitsuhawake no mikoto)、多遲比瑞歯別尊(たじひのみずはわけのみこと),是古墳時代的天皇。

反正天皇
第18代天皇
在位期間:
406年一月二日-410年一月廿三日
前任:履中天皇
繼任:允恭天皇
逝世 410年一月廿三日
陵墓 百舌鳥耳原北陵
父親 仁德天皇
母親 磐之媛命

系譜编辑

仁德天皇的第三皇子。母親是磐之媛命(いわのひめのみこと)。 履中天皇的同母弟,允恭天皇的同母兄。以下是其后妃和子嗣列表:

  • 皇夫人:津野媛(つのひめ
    • 香火姫皇女(かひひめのひめみこ
    • 円皇女(つぶらのひめみこ
  • 妃:弟媛(おとひめ
    • 財皇女(たからのひめみこ
    • 高部皇子(たかべのみこ

略歴编辑

406年於履中天皇駕崩後即位。

在位5年後,於410年駕崩。《古事記》記載其時年60。

諡号・追号・異名编辑

別名瑞齒別天皇(みつはわけのすめらみこと)。

《古事記》以水齒為別名(みずはわけのみこと)。

中國《宋書》及《梁書》記載中的倭五王,倭王讚為仁德天皇履中天皇,反正天皇為倭王珍的可能性甚高。

编辑

都在河內丹比柴籬宮(たじひのしばかきのみや、大阪府松原市上田7丁目的柴籬神社)。

陵墓・靈廟编辑

葬於百舌鳥耳原北陵(もずのみみはらのきたのみささぎ)
大阪府堺市北三國中丘町2丁目的田出井山古墳(前方後墳,全長148m)。

關連項目编辑