增村保造

Film director and screenwriter.

増村保造(ますむら やすぞう,1924年8月25日-1986年11月23日)是一位日本電影導演山梨縣甲府市出身。

増村保造
导演
出生(1924-08-25)1924年8月25日
 日本山梨縣甲府市
逝世1986年11月23日(1986-11-23)(62歲)
 日本
活跃年代1957年-1982年

生平编辑

増村保造畢業於旧制甲府中学、旧制第一高等学校、東京大学法学部。東大法学部時代結識作家三島由紀夫

1947年、増村保造以助理導演身分加入大映影業。増村保造之後就讀東京大学文学部哲学科。1952年、増村保造留学義大利、學習盧奇諾·維斯孔蒂费德里柯·费里尼米開朗基羅·安東尼奧尼等著名導演技巧[1]。1953年返回日本,1955年,増村保造開始擔任溝口健二市川崑助理導演。1957年、執導處女作『くちづけ』[2]。執導第2部作品『青空娘』開始與若尾文子合作,完成『妻は告白する』『清作の妻』『女の小箱・より 夫が見た』『赤い天使』『卍』『刺青』等作品。

大映影業倒閉後、増村保造與藤井浩明、脚本家白坂依志夫等人設立「行動社」、執導『大地の子守歌』『曽根崎心中』。

増村保造與脚本家白坂依志夫從『青空娘』(1957年)開始,至『曽根崎心中』(1978年)為止共有13次合作、與導演新藤兼人從『氷壁』(1958年)至『黑色福音』(1984年)為止共有10次合作。

1986年11月23日、増村保造因出血去世,享年62歲。戒名為影光院演応保真居士。

電影编辑

  • くちづけ (1957/大映東京) 原作:川口松太郎、脚本:舟橋和郎
  • 青空娘 (1957/大映東京) 原作:源氏鶏太、脚本:白坂依志夫
  • 暖流 (1957/大映東京) 原作:岸田國士、脚本:白坂依志夫
  • 氷壁 (1958/大映東京) 原作:井上靖、脚本:新藤兼人
  • 巨人と玩具 (1958/大映東京) 原作:開高健、脚本:白坂依志夫
  • 不敵な男 (1958/大映東京) 脚本:新藤兼人
  • 親不孝通り (1958/大映東京) 原作:川口松太郎、脚本:須崎勝弥
  • 最高殊勲夫人 (1959/大映東京) 原作:源氏鶏太、脚本:白坂依志夫
  • 氾濫 (1959/大映東京) 原作:伊藤整、脚本:白坂依志夫
  • 美貌に罪あり (1959/大映東京) 原作:川口松太郎、脚本:田中澄江
  • 闇を横切れ (1959/大映東京) 脚本:菊島隆三・増村保造
  • 女経 第一話 耳を噛みたがる女 (1960/大映東京) 原作:村松梢風、脚本:八住利雄
  • からっ風野郎 (1960/大映東京) 脚本:菊島隆三・安藤日出男、主演:三島由紀夫
  • 足にさわった女 (1960/大映東京) 原作:沢田撫松、脚本:和田夏十市川崑
  • 偽大学生 (1960/大映東京) 原作:大江健三郎「偽証の時」、脚本:白坂依志夫
  • 恋にいのちを (1961/大映東京) 原作・脚色:川内康範、脚本:下村菊雄
  • 好色一代男 (1961/大映東京) 原作:井原西鶴、脚本:白坂依志夫
  • 妻は告白する (1961/大映東京) 原作:円山雅也、脚本:井手雅人
  • うるさい妹たち (1961/大映東京) 原作:五味康祐、脚本:白坂依志夫
  • 爛 (1962/大映東京) 原作:徳田秋声、脚本:新藤兼人
  • 黒の試走車 (1962/大映東京) 原作:梶山季之、脚本:舟橋和郎・石松愛弘
  • 女の一生 (1962/大映東京) 原作:森本薫、脚本:八住利雄
  • 黒の報告書 (1963/大映東京) 原作:佐賀潜、脚本:石松愛弘・増村保造
  • 嘘(オムニバス・第1話プレイガール) (1963/大映東京) 脚本:白坂依志夫
  • ぐれん隊純情派 (1963/大映東京) 原作:藤原審爾、脚本:小滝光郎・増村保造
  • 現代インチキ物語 騙し屋 (1964/大映東京) 原作・脚本:藤本義一・沢村勉
  • 女の小箱・より 夫が見た (1964/大映東京) 原作:黒岩重吾、脚本:高岩肇・野上竜雄
  •  (1964/大映東京) 原作:谷崎潤一郎、脚本:新藤兼人
  • 黒の超特急 (1964/大映東京) 原作:梶山季之、脚本:白坂依志夫・増村保造
  • 兵隊やくざ (1965/大映東京) 原作:有馬頼義、脚本:菊島隆三
  • 清作の妻 (1965/大映東京) 原作:吉田絃二郎、脚本:新藤兼人
  • 刺青 (1966/大映京都) 原作:谷崎潤一郎、脚本:新藤兼人
  • 陸軍中野学校 (1966/大映東京) 脚本:星川清司
  • 赤い天使 (1966/大映東京) 原作:有馬頼義、脚本:笠原良三
  • 妻二人 (1967/大映東京) 原作:パトリック・クエンティン「二人の妻をもつ男」、脚本:新藤兼人
  • 痴人の愛 (1967/大映東京) 原作:谷崎潤一郎、脚本:池田一朗
  • 華岡青洲の妻 (1967/大映京都) 原作:有吉佐和子、脚本:新藤兼人
  • 大悪党 (1968/大映東京) 原作:円山雅也、脚本:石松愛弘・増村保造
  • セックス・チェック 第二の性 (1968/大映東京) 原作:寺内大吉、脚本:池田一朗
  • 積木の箱 (1968/大映東京) 原作:三浦綾子、脚本:池田一朗・増村保造
  • 濡れた二人 (1968/大映東京) 原作:笹沢左保、脚本:山田信夫・重森孝子
  • 盲獸 (1969/大映東京) 原作:江戶川亂歩、脚本:白坂依志夫
  • 千羽鶴 (1969/大映東京) 原作:川端康成、脚本:新藤兼人
  • 女体 (1969/大映東京) 脚本:池田一朗・増村保造
  • でんきくらげ (1970/大映東京) 原作:遠山雅之、脚本:石松愛弘・増村保造
  • やくざ絶唱 (1970/大映東京⇒ダイニチ映配) 原作:黒岩重吾、脚本:池田一朗
  • しびれくらげ (1970/大映東京⇒ダイニチ映配) 脚本:石松愛弘・増村保造
  • 遊び (1971/大映東京⇒ダイニチ映配) 原作:野坂昭如、脚本:今子正義・伊藤昌洋
  • 新兵隊やくざ 火線 (1972/勝プロ⇒東宝) 脚本:増村保造・東條正年
  • 音樂 (1972/行動社=日本アート・シアター・ギルド) 原作:三島由紀夫、脚本:増村保造
  • 御用牙 かみそり半蔵地獄責め (1973/勝プロ⇒東宝)原作:小池一雄・神田たけ志、脚本:増村保造
  • 悪名 縄張荒らし (1974/勝プロ⇒東宝) 原作:今東光、脚本:依田義賢
  • 動脈列島 (1975/東京映画⇒東宝) 原作:清水一行、脚本:白坂依志夫・増村保造
  • 大地の子守唄 (1976/行動社=木村プロ⇒松竹) 原作:素九鬼子、脚本:白坂依志夫・増村保造
  • 曽根崎心中 (1978/行動社=木村プロ=ATG) 原作:近松門左衛門、脚本:白坂依志夫・増村保造
  • エデンの園  Il giardino dell'Eden(1980/白信商事=オルソ・オリエンタル・コーポレーション⇒日本ヘラルド) 脚本:レロス・ピットーニ・増村保造
  • この子の七つのお祝いに (1982/松竹=角川春樹事務所) 原作:斎藤澪、脚本:松木ひろし・増村保造


參考資料编辑

  1. ^ Rosenbaum, Jonathan. Tales of Ordinary Madness: Films by Yasuzo Masumura. Chicago Reader. April 30, 1998. 
  2. ^ Mes, Tom. Yasuzo Masumura: Passion and Excess. Midnight Eye. June 1, 2010. 

外部連結编辑