打开主菜单

小島朋之(1943年9月9日-2008年3月4日)是一名知名日本政治學家,專門研究中國政治。博士論文指導老師為同樣專門研究中國政治的石川忠雄

目录

経歴・人物编辑

学歴编辑

  • 1962年 福岡縣立修猷館高等學校畢業
  • 1967年 慶應義塾大學法學部政治學科畢業
  • 1969年 同大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
  • 1972年 加州大學柏克萊分校歴史學部博士課程 (Ph.D Candidate) 修了
  • 1973年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程單位滿期取得退學
  • 1984年 法学博士(慶應義塾大学、学位論文『中国共産党の大衆路線 : 大衆運動をめぐる毛沢東の政治指導,中央および地方の政治動態』)

職歴编辑

  • 1974年-1975年 日本駐香港總領事館外務省特別研究員
  • 1975年 同退官、京都外国語大学助教授
  • 1982年 同大学退職、京都産業大学法学部教授。
  • 1984年-1985年 駐北京日本大使館専門調査員(在外派遣)(兼任)
  • 1991年 同大学退職、慶應義塾大学総合政策学部教授
  • 2001年-2007年 同学部長、同大学院政策・メディア研究科長
  • 2008年3月4日 在慶應義塾大學病院因為腦腫瘤去世

長期關注並且分析中國時事,是日中歷史共同研究日本方的委員。

著書编辑

單著编辑

  • 『中国政治と大衆路線――大衆運動と毛沢東、中央および地方の政治動態』(慶應通信, 1985年)
  • 『中国の政治社会』(芦書房、1986年)
  • 『変わりゆく中国の政治社会――転換期の矛盾と摩擦』(芦書房, 1988年)
  • 『生きた中国学――最近中国事情』(學陽書房, 1988年)
  • 『さまよえる中国――「鄧以後」90年代のシナリオ』(時事通信社, 1989年)
  • 『模索する中国――改革と開放の軌跡』(岩波書店岩波新書], 1989年)
  • 『岐路に立つ中国――どうなる鄧小平以後』(芦書房, 1990年)
  • 『中国共産党の選択――五つのシナリオ』(中央公論社[中公新書], 1991年)
  • 『中国が香港になる日――統一か分裂か』(時事通信社, 1992年)
  • 『脱社会主義への中国』(芦書房, 1992年)
  • 『構造転換の中国』(芦書房, 1994年)
  • 『鄧小平のいない中国』(日本經濟新聞社, 1995年)
  • 『新世紀の中国』(芦書房, 1996年)
  • 『中国のゆくえ――この国が世界を決める』(時事通信社, 1997年)
  • 『中国現代史――建国50年、検証と展望』(中央公論新社[中公新書], 1999年)
  • 『現代中国の政治――その理論と実践』(慶應義塾大学出版会, 1999年)
  • 『富強大国の中国――江沢民から胡錦濤へ』(芦書房, 2003年)
  • 『中国の政治社会――富強大国への模索』(芦書房, 2005年)
  • 『崛起する中国――日本はどう中国と向き合うのか?』(芦書房, 2005年)
  • 『和諧をめざす中国』(芦書房, 2008年)

共著编辑

編著编辑

  • 『21世紀に向かうアジアと日本』(芦書房, 1993年)
  • 『アジア時代の日中関係――過去と未来』(サイマル出版会, 1995年)
  • 『中国の環境問題――研究と実践の日中関係』(慶應義塾大学出版会, 2000年)
  • 『21世紀の中国と東亜』(一藝社, 2003年)

共編著编辑

譯書编辑

  • J・R・タウンゼント『現代中国――政治体系の比較分析』(慶應通信, 1980年)