打开主菜单

有地 品之允(日語:ありち しなのじょう、天保14年3月15日(1843年4月14日) - 大正8年(1919年)1月17日)的日本軍人政治家海軍中将貴族院議員男爵。別名・信政。

有地 品之允
Arichi Shinanojo.jpg
有地 品之允
出生 (1843-04-14)1843年4月14日
 日本 長門国
逝世 1919年1月17日(1919-01-17)(75歲)
军种 大日本帝国陸軍
大日本帝國海軍
服役年份 1871 - 1911年
军衔 陸軍少佐
海軍中将
其他工作 貴族院議員
樞密顧問官

目录

經歷编辑

長州藩士武術指南役(1,000石)有地藤馬之長男と。戊辰戰争時作為干城隊士出陣奧羽。

明治2年(1869年)至同4年(1871年),往歐州視察普法戰争。歸國後任陸軍少佐、御親兵6番大隊長、同年至明治6年(1873年)任侍從。同年轉至海軍、任海軍少佐於提督府分課勤務。明治14年(1881年)就任「日進」艦長。明治15年(1882年)昇進海軍大佐、歷任海防艦比叡」、「筑波」艦長。

任「筑波」艦長的明治17年(1884年),由海軍軍医・高木兼寛指導導入洋食,脚氣患者激減。

同年12月任軍事部(後軍令部)次長,参謀本部海軍部第1局長、明治19年(1886年)為海軍少将・横須賀軍港司令官、至翌年兼務海軍機關學校校長。明治20年(1887年)成為海軍兵學校校長,於教育導入柔道。明治22年(1889年)至同24年(1891年)任海軍参謀部長常備艦隊司令長官,明治25年(1892年)為海軍中将・作為吳鎮守府司令長官迎來日清戰争

明治28年(1895年)5月再任常備艦隊司令長官,兼務連合艦隊司令長官。同年10月、於日本領台灣對英國商船的臨檢事件。被英國抗議、外務省提出處罰責任者的要求。結果、有地跟八重山艦長の平山藤次郎日语平山藤次郎大佐被編為予備役

1895年(明治28年)12月19日 - 予備役[1]

明治29年(1896年)成為男爵、翌年起10年間(至大正6年(1917年)4月30日為止[2])、任貴族院議員。明治32年(1899年)、成為帝國海事協會初代理事長、有栖川宮威仁親王為總裁。明治44年(1911年)3月15日退役[3]

大正6年(1917年)任樞密顧問官

葬於青山墓地

榮典编辑

著作等编辑

  • 論説「海事ヲ論シテ教育家諸君ニ望ム」會員有地品之允、『大日本教育會雜誌』99、1890年8月15日
  • 「明治24年4月11日 有地海軍中将 海防意見書」(伊藤博文編『秘書類纂 10 兵政關係資料』196-201頁)
  • 論説「義勇艦隊建設について」男爵有地品之允、帝國海事協會機關誌『海事雜報』197、1905年2月10日

脚注编辑

  1. 『官報』第3745号「叙任及辞令」1895年12月20日。
  2. 『官報』第1423号、大正6年5月2日。
  3. 『官報』第8317号、明治44年3月16日。
  4. 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  5. 『官報』第3131号「叙任及辞令」1893年12月5日。
  6. 『官報』第3723号「叙任及辞令」1895年11月25日。
  7. 『官報』第5071号「叙任及辞令」1900年5月31日。
  8. 『官報』第8091号「叙任及辞令」1910年6月13日。
  9. 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  10. 『官報』第1937号「叙任及辞令」1919年1月20日。

参考文獻编辑

  • 別冊歴史読本『連合艦隊司令長官』戦記シリーズ№61、新人物往来社、2003年。
  • 『日本海事協会 - その100年の物語』財団法人日本海事協会、1999年

外部連結编辑