海上幕僚监部

(重定向自海上幕僚長

海上幕僚监部(日语:海上幕僚监部かいじょうばくりょうかんぶ Kaijō Bakuryō Kanbu英语Maritime Staff Office ; MSO),簡稱海幕,為日本防衛省所屬的海上自衛隊指揮參謀機構,相當於各國的海軍參謀部或海軍司令部。

 日本防衛省海上自衛隊機構
海上幕僚监部
海上幕僚监部(日語)
かいじょうばくりょうかんぶ
Maritime Staff Office(英文)
Go-shichi no kiri crest.svg
機構概要
成立時間1954年7月1日
機構類型参谋部, 特別機關[*]
机构驻地 日本東京都新宿区市谷本村町5番1號
市谷駐屯地
机构首长海上幕僚长:酒井良日语酒井良 (自衛官)海將(上將)[1]
海上幕僚副长:齋藤聡日语齋藤聡海將(中將)
上级机构防衛省
下設机构總務部、人事教育部、防衛部、指揮通信情報部、装備計画部
授權法源防衛省設置法
網站防衛省・海上自衛隊
影像资料
Ministry of Defense.JPG
海上幕僚監部所在大樓,防衛省廳舍A棟

組織機構编辑

  • 總務部(部長與副部長:海將補;少將銜)
    • 總務課
    • 經理課
  • 人事教育部(部長:海将補(一))
    • 人事計画課
    • 補任課
    • 厚生課
    • 援護業務課
    • 教育課
  • 防衛部(部長:海将補(一))
    • 防衛課
    • 裝備體系課
    • 運用支援課
    • 設施課
  • 指揮通信情報部(部長:海将補(二))
    • 指揮通信課
    • 情報課
      • 情報班、情報保全室
  • 装備計画部(部長:海将補(一))
    • 裝備需品課
    • 艦船・武器課
    • 航空機課
  • 監察官(海将補(二))
  • 首席法務官(1等海佐(一);上校銜)
  • 首席会計監査官(1等海佐(一))
  • 首席衛生官(海将補(二)・軍醫

主要幹部编辑

官職名 階級 姓名 補職發布日 前職
海上幕僚長 海上幕僚長海將(上將) 酒井良 2022年03月30日 横須賀地方総監
海上幕僚副長 海将(中將) 齋藤聡 2021年12月22日 護衛艦隊司令官
総務部長 海将補(少將) 稲田丈司 2021年12月22日 海上自衛隊第4術科学校
人事教育部長 海将補 金嶋浩司 2022年03月30日 第5航空群司令
防衛部長 海将補 竹中信行 2022年03月30日 潜水艦隊司令部幕僚長
指揮通信情報部長 海将補 吉岡猛 2021年12月22日 舞鶴地方総監部幕僚長
装備計画部長 海将補 今吉真一 2020年03月18日 防衛装備庁長官官房艦船設計官
監察官 海将補 保科俊朗 2022年03月30日 防衛大学校訓練部長
首席法務官 1等海佐(上校) 加治勇 2021年12月08日 海上幕僚監部首席法務官付法務室長
首席会計監査官 1等海佐 西川康彦 2022年04月01日 海上自衛隊艦船補給処
首席衛生官 海将補 小川均 2020年12月22日 海上自衛隊潜水医学実験隊司令

参見编辑

參考文獻编辑

外部連結编辑

海上幕僚监部. (原始内容存档于2021-04-19).