管長(かんちょう)是日本宗教團體的最高指導者之職(首長)。

沿革编辑

  • 1872年(明治5年),明治政府命令各宗教設置管長作為統括者。
  • 1874年(明治7年),命令由各宗變更為各宗派設置管長。[1]

關連項目编辑

註釋编辑

  1. ^ つまり、それまでは曹洞宗管長、臨済宗管長ではなく、禪宗管長や真言宗管長などの統一管長だった

参考文献编辑

  • 『明治前期曹洞宗の研究』(川口高風著、法藏館、2002年)

外部連結编辑