打开主菜单
藤原宇合像 据《前賢故实》

藤原 宇合ふじわら の うまかい)(持統天皇8年(694年) - 天平9年農8月5日 (737年9月3日))是奈良時代公卿。初名馬養右大臣藤原不比等的三男。藤原式家之祖。官位至正三位参議,勲二等。

生涯编辑

灵龟2年(716年)8月任遣唐使节团的遣唐副使、是其在史料的初记载。同月自正六位下从五位下養老元年(717年)入唐,翌年10月帰国。入唐後改名「宇合」。養老3年(719年)正月因遣唐副使之功升正五位上。同年7月按察使設置時作为常陸国司按察安房上总下总3国。養老5年(721年)叙正四位上

神龟元年(724年)4月,任式部卿,以持節大将軍身份出兵、平定蝦夷的反乱,平定后11月還师。论功翌年位階,勲等再進,升从三位勲二等。神龟3年(726年)以式部卿兼知造難波宮事。成为後期難波宮营造的責任者。此後天平元年(729年)長屋王之变時也以式部卿身份所对应。天平4年(732年),以参議・式部卿身份任西海道節度使。当时诗文《怀風藻》中所录、高橋虫麻呂送别的歌在《万葉集》中也有编入。天平6年(734年)正三位

天平9年(737年)農8月5日薨去。最終官位为参議式部卿兼大宰帥正三位。

系譜编辑

关連項目编辑

参考文献编辑

  • 金井清一「高橋虫麻呂と藤原宇合」(国文学23巻5号、1978年)。
  • 金井清一「藤原宇合年齢考」(万葉詩史の論、笠間書院、1984年)。
  • 木本好信「藤原宇合」(藤原式家官人の考察、高科書店、1998年)。
  • 利光三津夫「藤原宇合と大和長岡」(法学研究40巻4号、1967年)。
  • 木本好信《藤原四子》(ミネルヴァ書房、2013年)。

脚注编辑

  1. ^ 据《尊卑分脈》等。但反对的意见也非常多。