防衛大臣

防衛大臣(日语:防衛大臣ぼうえいだいじん Bōei daijin */?、英語:Minister of Defense)是日本防衛省的最高首長,為國務大臣內閣成員)之一[2]。簡稱防衛相(ぼうえいしょう)。前身是防衛廳長官,2007年1月9日隨著防衞廳升格為防衞省而改為現名。此次升格對於日本軍事發展有重大意義,象徵日本自二戰結束之後對國防政策的積極改變。

 日本防衛大臣
Minister of Defense
Standard of the Minister of Defence of Japan.svg
防衛大臣章
Go-shichi no kiri crest 2.svg
Nobuo Kishi cropped 2 Nobuo Kishi 20140519.jpg
現任
岸信夫(第21代)

2020年(令和二年)9月16日就任
行政府
防衛省
类别國務大臣
地位防衛省之首長
自衛隊統督職
所属內閣
任命者內閣總理大臣
安倍晉三
設立法源國家行政組織法日语国家行政組織法
防衛省設置法日语防衛省設置法
先前职位防衛廳長官
首任久間章生
设立2007年(平成19年)1月9日
副職防衛副大臣日语防衛副大臣
山本朋廣日语山本朋広
薪资年額 約2,916萬日圓[1]
网站防衛省・自衛隊:大臣・副大臣・政務官
防衛省

依照日本國憲法第66條規定,防衛大臣與其他大臣一樣由文人擔任(文民統制)。是行政組織防衛省的最高責任者,也在自衛隊最高指揮官內閣總理大臣之下管理(透過統合幕僚長日语統合幕僚長)全體自衛隊。防衛大臣指揮自衛隊是由統合幕僚長補佐與執行[3]

概要编辑

東西冷戰時期,美日安保體制下的日本對於安全保障政策的主動權很小,因此防衛廳長官在戰後的重要性並不高,多由初入閣者擔任。1970年佐藤榮作第3次佐藤內閣任用派閥領袖中曾根康弘,1977年福田改造內閣任用黨內實力者金丸信是少數例外[4]。曾任防衛廳長官的總理大臣僅有中曾根康弘與宇野宗佑兩人。

在曾任防衛廳長官、自認是國防專門的中曾根康弘出任首相後,情勢開始改變。中曾根在1984年任命當時的自民黨明日之星加藤紘一出任,並在隔年內閣改組留任[4]

1990年代以後,歷經波灣戰爭等的日本,在包含軍事層面在內的國際貢獻,以及有事法制日语有事法制整備、駐日美軍再編與美日同盟再定義等國防相關議題逐漸成為重要國政課題。1997年內閣改組,尚待解決普天間基地移設問題的橋本龍太郎留下親信久間章生繼續掌管防衛廳[4]

隨著防衛政策的重要性提升,防衛廳在第1次安倍內閣的2007年(平成19年)升格為防衛省,防衛大臣(防衛廳長官)也開始要求參與對外交涉與國會辯論,21世紀以後多由曾在政黨與政府擔任相關職務的國防系議員,如中谷元(2001年)、石破茂(2002年)、濱田靖一江渡聰德岩屋毅等,或是額賀福志郎久間章生、石破(2007年)、小野寺五典(2012年、2017年)、中谷(2014年)、河野太郎(2019年,外務大臣轉任)等再任者或其他重要閣僚經驗者出任。2009年(平成21年)上台的民主黨政權,雖然北澤俊美較少涉獵外交、安保問題,但作為閣內重要的實力者仍發揮其影響力。2012年(平成24年)內閣改組(野田第2次改造內閣野田第3次改造內閣)任用自衛隊出身的民間人士森本敏受到關注。在強調派閥平衡的自民黨人事任命中,防衛大臣多是重視其專門性[4]安倍晉三任用小池百合子稻田朋美出任充滿陽剛印象的防衛大臣引起話題,然而小池因省內人事風暴拒絕留任。稻田也因日報問題等辭職[4]

與舊制度的比較编辑

舊憲法下的陸軍大臣海軍大臣需由現役武官軍人)出任(軍部大臣現役武官制),但沒有軍事作戰行動的指揮(軍令)權,僅掌管軍政(「德國型國防部長」)。現行制度將軍政與軍令集中,防衛大臣依據現行憲法第66條規定由文人出任,在自衛隊最高指揮官內閣總理大臣之下掌管與軍政相當的防衛行政以及自衛隊作戰行動的指揮監督(「法國型國防部長」)。

歷代防衛大臣编辑

圖像 姓名 在任期間 兼任、備註 所屬政黨
警察預備隊本部長官
-   增原惠吉日语増原恵吉 1950年(昭和25年)8月14日 - 1952年(昭和27年)7月31日 認證官日语認証官內務省出身的警察官僚。
國務大臣(警察預備隊擔當)
-   大橋武夫日语大橋武夫 (政治家) 1951年(昭和26年)12月26日 - 1952年(昭和27年)7月31日 警察預備隊令第9條之擔當國務大臣。
舊內務省的前警察官僚。
自由黨
海上保安廳長官日语海上保安庁長官(改制保安廳的過渡期)
- 柳澤米吉 1952年(昭和27年)4月26日 - 1952年(昭和27年)7月31日 內務省入省,運輸通信省運輸省官僚。
海上警備隊指揮監督。
海上警備隊改制保安廳警備隊。
本體改編為海上公安局。
國務大臣保安廳長官(總理府外局
-   吉田茂 1952年(昭和27年)8月1日 - 1952年(昭和27年)10月30日 內閣總理大臣事務辦理。
保安廳管轄保安隊、警備隊及海上公安局。
自由黨
1   木村篤太郎日语木村篤太郎 1952年(昭和27年)10月30日 - 1953年(昭和28年)5月21日 國務大臣(前內閣的法務大臣)。
2 1953年(昭和28年)5月21日 - 1954年(昭和29年)6月30日
國務大臣防衛廳長官(總理府外局)
1 木村篤太郎 1954年(昭和29年)7月1日 - 1954年(昭和29年)12月10日 第5次吉田內閣開始擔任保安廳長官
就任國務大臣防衛廳長官。
陸、海、空自衛隊成立。
廢除海上公安局法。
2   大村清一 1954年(昭和29年)12月10日 - 1955年(昭和30年)3月19日 第1次吉田內閣內務大臣 日本民主黨
3 杉原荒太日语杉原荒太 1955年(昭和30年)3月19日 - 1955年(昭和30年)7月31日 外務省前官僚。
4   砂田重政日语砂田重政 1955年(昭和30年)7月31日 - 1955年(昭和30年)11月22日 支持預備幹部自衛官日语予備自衛官制度而下台。
5   船田中 1955年(昭和30年)11月22日 - 1956年(昭和31年)12月23日 第1次近衛內閣日语第1次近衛内閣法制局長官日语内閣法制局長官 自由民主黨
-   石橋湛山 1956年(昭和31年)12月23日 - 1957年(昭和32年)1月31日 內閣總理大臣事務辦理。
-   岸信介 1957年(昭和32年)1月31日 - 1957年(昭和32年)2月2日 外務大臣事務代理。
6 小瀧彬日语小瀧彬 1957年(昭和32年)2月2日 - 1957年(昭和32年)2月25日
7 1957年(昭和32年)2月25日 - 1957年(昭和32年)7月10日
8   津島壽一日语津島壽一 1957年(昭和32年)7月10日 - 1958年(昭和33年)6月12日
9 左藤義詮日语左藤義詮 1958年(昭和33年)6月12日 - 1959年(昭和34年)1月12日
10   伊能繁次郎日语伊能繁次郎 1959年(昭和34年)1月12日 - 1959年(昭和34年)6月18日 運輸省前官僚。
11 赤城宗德日语赤城宗徳 1959年(昭和34年)6月18日 - 1960年(昭和35年)7月19日 安保騒亂時拒絕治安出動
12   江崎真澄日语江崎真澄 1960年(昭和35年)7月19日 - 1960年(昭和35年)12月8日
13 西村直己 1960年(昭和35年)12月8日 - 1961年(昭和36年)7月18日
14 藤枝泉介日语藤枝泉介 1961年(昭和36年)7月18日 - 1962年(昭和37年)7月18日
15 志賀健次郎日语志賀健次郎 1962年(昭和37年)7月18日 - 1963年(昭和38年)7月18日
16 福田篤泰日语福田篤泰 1963年(昭和38年)7月18日 - 1963年(昭和38年)12月9日
17 1963年(昭和38年)12月9日 - 1964年(昭和39年)7月18日
18   小泉純也 1964年(昭和39年)7月18日 - 1964年(昭和39年)11月9日
19 1964年(昭和39年)11月9日 - 1965年(昭和40年)6月3日 昭和38年度綜合防衛圖上研究日语三矢研究事件而下台。
20 松野賴三日语松野頼三 1965年(昭和40年)6月3日 - 1966年(昭和41年)8月1日 海軍主計少佐
21 上林山榮吉日语上林山栄吉 1966年(昭和41年)8月1日 - 1966年(昭和41年)12月3日 在私人活動中動用公家資源而飽受批評。
22 增田甲子七 1966年(昭和41年)12月3日 - 1967年(昭和42年)2月17日
23 1967年(昭和42年)2月17日 - 1968年(昭和43年)11月30日
24 有田喜一日语有田喜一 1968年(昭和43年)11月30日 - 1970年(昭和45年)1月14日 運輸省前官僚。
25   中曾根康弘 1970年(昭和45年)1月14日 - 1971年(昭和46年)7月5日 內務省前官僚(海軍主計少佐)。發生三島事件日语三島事件
26 增原惠吉日语增原惠吉 1971年(昭和46年)7月5日 - 1971年(昭和46年)8月2日 發生全日空58號班機空難
27 西村直己 1971年(昭和46年)8月2日 - 1971年(昭和46年)12月3日
28 江崎真澄 1971年(昭和46年)12月3日 - 1972年(昭和47年)7月7日
29 增原惠吉 1972年(昭和47年)7月7日 - 1972年(昭和47年)12月22日
30 1972年(昭和47年)12月22日 - 1973年(昭和48年)5月29日
31 山中貞則日语山中貞則 1973年(昭和48年)5月29日 - 1974年(昭和49年)11月11日
32   宇野宗佑 1974年(昭和49年)11月11日 - 1974年(昭和49年)12月9日 第十雄洋丸事件日语第十雄洋丸事件下令撃沉。
33 坂田道太 1974年(昭和49年)12月9日 - 1976年(昭和51年)12月24日 發生別連科叛逃事件日语ベレンコ中尉亡命事件
34 三原朝雄日语三原朝雄 1976年(昭和51年)12月24日 - 1977年(昭和52年)11月28日 官方開始展開有事法制日语有事法制研究。
35 金丸信 1977年(昭和52年)11月28日 - 1978年(昭和53年)12月7日 統幕議長栗栖弘臣日语栗栖弘臣陸將下台。
實施駐日美軍「體恤預算」。
36 山下元利日语山下元利 1978年(昭和53年)12月7日 - 1979年(昭和54年)11月9日 大藏省前官僚(海軍主計士官)
37 久保田圓次日语久保田円次 1979年(昭和54年)11月9日 - 1980年(昭和55年)2月4日 宮永間諜事件日语宮永スパイ事件下台。
38 細田吉藏日语細田吉蔵 1980年(昭和55年)2月4日 - 1980年(昭和55年)7月17日
39 大村襄治日语大村襄治 1980年(昭和55年)7月17日 - 1981年(昭和56年)11月30日
40   伊藤宗一郎 1981年(昭和56年)11月30日 - 1982年(昭和57年)11月27日
41 谷川和穗日语谷川和穂 1982年(昭和57年)11月27日 - 1983年(昭和58年)12月27日
42 栗原祐幸日语栗原祐幸 1983年(昭和58年)12月27日 - 1984年(昭和59年)11月1日
43 加藤紘一 1984年(昭和59年)11月1日 - 1986年(昭和61年)7月22日
44 栗原祐幸 1986年(昭和61年)7月22日 - 1987年(昭和62年)11月6日
45   瓦力 1987年(昭和62年)11月6日 - 1988年(昭和63年)8月24日 灘潮事件日语なだしお事件下台
46 田澤吉郎日语田沢吉郎 1988年(昭和63年)8月24日 - 1989年(平成元年)6月3日
47   山崎拓 1989年(平成元年)6月3日 - 1989年(平成元年)8月10日
48 松本十郎 1989年(平成元年)8月10日 - 1990年(平成2年)2月28日
49 石川要三 1990年(平成2年)2月28日 - 1990年(平成2年)12月29日
50   池田行彥 1990年(平成2年)12月29日 - 1991年(平成3年)11月5日
51   宮下創平日语宮下創平 1991年(平成3年)11月5日 - 1992年(平成4年)12月12日
52   中山利生日语中山利生 1992年(平成4年)12月12日 - 1993年(平成5年)8月9日
53 中西啓介日语中西啓介 1993年(平成5年)8月9日 - 1993年(平成5年)12月2日 新生黨
54 愛知和男 1993年(平成5年)12月2日 - 1994年(平成6年)4月28日
-   羽田孜 1994年(平成6年)4月28日 內閣總理大臣事務辦理
55 神田厚日语神田厚 1994年(平成6年)4月28日 - 1994年(平成6年)6月30日 民社黨
56   玉澤德一郎 1994年(平成6年)6月30日 - 1995年(平成7年)8月8日 自由民主黨
57   衛藤征士郎 1995年(平成7年)8月8日 - 1996年(平成8年)1月11日
58   臼井日出男日语臼井日出男 1996年(平成8年)1月11日 - 1996年(平成8年)11月7日
59   久間章生 1996年(平成8年)11月7日 - 1998年(平成10年)7月30日
60   額賀福志郎 1998年(平成10年)7月30日 - 1998年(平成10年)11月20日 前防衛廳長官
發生防衛廳調達實施本部瀆職事件日语防衛庁調達実施本部背任事件
參議院本會議通過問責決議
61   野呂田芳成 1998年(平成10年)11月20日 - 1999年(平成11年)10月5日 發生能登半島沿海不明船事件
首次下令海上警備行動日语海上警備行動
62 瓦力 1999年(平成11年)10月5日 - 2000年(平成12年)4月5日
63 2000年(平成12年)4月5日 - 2000年(平成12年)7月4日
64   虎島和夫 2000年(平成12年)7月4日 - 2000年(平成12年)12月5日
65   齊藤斗志二 2000年(平成12年)12月5日 - 2001年(平成13年)1月5日
國務大臣防衛廳長官(內閣府外局)
66 齊藤斗志二 2001年(平成13年)1月6日 - 2001年(平成13年)4月26日 自由民主黨
67   中谷元 2001年(平成13年)4月26日 - 2002年(平成14年)9月30日 前陸上自衛官
首位自衛官出身防衛廳長官
68   石破茂 2002年(平成14年)9月30日 - 2003年(平成15年)11月19日
69 2003年(平成15年)11月19日 - 2004年(平成16年)9月27日
70   大野功統 2004年(平成16年)9月27日 - 2005年(平成17年)9月21日
71 2005年(平成17年)9月21日 - 2005年(平成17年)10月31日
72 額賀福志郎 2005年(平成17年)10月31日 - 2006年(平成18年)9月26日 爆發防衛設施廳黑箱事件日语防衛施設廳談合事件
73 久間章生 2006年(平成18年)9月26日 - 2007年(平成19年)1月8日
防衛大臣(防衛省
1   久間章生 2007年(平成19年)1月9日 - 2007年(平成19年)7月4日 因對原爆發表不當言論而下台 自由民主黨
2   小池百合子 2007年(平成19年)7月4日 - 2007年(平成19年)8月27日 首位女性防衛大臣
3   高村正彥 2007年(平成19年)8月27日 - 2007年(平成19年)9月26日 解散防衛設施廳日语防衛施設廳
新設防衛監察本部日语防衛監察本部
4   石破茂 2007年(平成19年)9月26日 - 2008年(平成20年)8月2日 前防衛廳長官
2007年(平成19年)10月19日爆發山田洋行事件日语山田洋行事件
2008年(平成20年)2月19日發生神盾艦衝突事故日语イージス艦衝突事故
5   林芳正 2008年(平成20年)8月2日 - 2008年(平成20年)9月24日
6   濱田靖一 2008年(平成20年)9月24日 - 2009年(平成21年)9月16日 設置防衛會議
田母神俊雄空幕長下台
7   北澤俊美 2009年(平成21年)9月16日 - 2010年(平成22年)6月8日 民主黨
8 2010年(平成22年)6月8日 - 2011年(平成23年)9月2日 成立JTF-TH日语統合任務部隊 (自衛隊)
9   一川保夫日语一川保夫 2011年(平成23年)9月2日 - 2012年(平成24年)1月13日 參議院本會議通過問責決議
10   田中直紀 2012年(平成24年)1月13日 - 2012年(平成24年)6月4日
11   森本敏 2012年(平成24年)6月4日 - 2012年(平成24年)12月26日 前航空自衛官、外交官
防衛大臣補佐官日语防衛大臣政策参与
民間人
12   小野寺五典 2012年(平成24年)12月26日 - 2014年(平成26年)9月3日 自由民主黨
13   江渡聰德 2014年(平成26年)9月3日 - 2014年(平成26年)12月24日 兼任安全保障法制擔當大臣
14   中谷元 2014年(平成26年)12月24日 - 2016年(平成28年)8月3日 兼任安全保障法制擔當大臣
前陸上自衛官、前防衛廳長官
廢除運用企劃局,新設防衛裝備廳
15   稻田朋美 2016年(平成28年)8月3日 - 2017年(平成29年)7月28日 因南蘇丹聯合國維和行動日報隱瞞問題下台
16   岸田文雄 2017年(平成29年)7月28日 - 2017年(平成29年)8月3日 兼任外務大臣
17   小野寺五典 2017年(平成29年)8月3日 - 2017年(平成29年)11月1日 前防衛大臣
18 2017年(平成29年)11月1日 - 2018年(平成30年)10月2日 再任
19   岩屋毅 2018年(平成30年)10月2日 - 2019年(令和元年)9月11日 發生2018年日韓雷達鎖定爭議
20   河野太郎 2019年(令和元年)9月11日 - 2020年(令和二年)9月16日
20   岸信夫 2020年(令和二年)9月16日 -
  • 歷代連續最長在任記錄 746日 - 坂田道太
  • 歷代通算最長在任記錄 1110日 - 中谷元

相關條目编辑

参考文献编辑

  1. ^ 主な特別職の職員の給与 页面存档备份,存于互联网档案馆 - 内閣官房
  2. ^ 防衛省設置法第二條之2
  3. ^ 自衛隊の統合運用体制 平成25年防衛白書. [2020-08-16]. (原始内容存档于2015-09-23). 
  4. ^ 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 防衛相、日米同盟強化で重み. 日本經濟新聞社. 2019-08-06 [2019-08-28]. (原始内容存档于2019-08-27). 

外部連結编辑