雄藩(日语:ゆうはん)一词,为对日本江户时代具有强大经济、政治影响力的藩国的称呼。

在江户时代初期,拥有较多石高(表高)以及金银矿山,或是因进行新田开发而有较多里高的大藩,尤其是拥有强大经济实力的外样大名统治的藩国才会称之为雄藩。如加贺藩(100万石)、萨摩藩(77万石)、仙台藩(62万石)。

而到了江户时代末期,因西日本各藩成功进行了财政改革。伴随着经济实力的增强所进行的军备扩充以及人才选用,使得各藩在国政上的话语权有所提升。因此,「雄藩」一词与石高的关系也日渐减少。

江户幕府末期的雄藩所结成的集团有以下几个。

江戶時代雄藩大名石高統計编辑

江戶幕府末期的大藩・中藩之表高、内高列表
順位 藩名 家名 大名類別 表高
(慶應3年)
内高
(明治2年)
領分
1 加賀藩[1] 前田家 外様大名 1,025,000 1,338,083.562100 加賀・越中・能登・近江
2 薩摩藩[2] 島津家 外様大名 728,700 869,593.576640 薩摩・大隅・日向・琉球
3 仙台藩[3] 伊達家 外様大名 620,056 1,018,818.661160 陸奥・常陸・下総・近江・蝦夷
4 尾張藩[4] 尾張德川家 御三家 619,500 913,827.045900 尾張・三河・美濃・近江・信濃・摂津
5 紀州藩[5] 紀州德川家 御三家 555,000 615,453.638590 紀伊・伊勢・大和・近江
6 熊本藩 (肥後藩)[6] 細川家 外様大名 540,000 786,015.607170 肥後・豊後
7 福岡藩 (筑前藩)[7] 黒田家 外様大名 473,100 571,141.000000 筑前
8 廣島藩 (芸州藩)[8] 浅野家 外様大名 426,500 483,580.779250 安芸・備後
9 長州藩 (萩藩、山口藩)[9] 毛利家 外様大名 369,411 978,004.000000 周防・長門
10 佐賀藩 (肥前藩)[10] 鍋島家 外様大名 357,036 886,525.420075 肥前
11 水戶藩[11] 水戶德川家 御三家 350,000 313,415.839000 常陸・下野
12 津藩 (安濃津藩)[12] 藤堂家 外様大名 323,950 358,020.847000 伊勢・伊賀・山城・大和・下総
13 鳥取藩 (因州藩)[13] 池田家 外様大名 320,000 428,169.702000 因幡・伯耆・武蔵
13 福井藩 (越前藩) 越前松平家 親藩 320,000 336,194.039600 越前
15 岡山藩 (備前藩)[14] 池田家 外様大名 315,200 494,956.969600 備前・備中
16 会津藩[15] 會津松平家 親藩 280,000 403,563.665740 陸奥・越後・和泉・近江・蝦夷
17 德島藩 (阿波藩) 蜂須賀家 外様大名 257,000 442,735.000000 阿波・淡路
18 久留米藩[16] 有馬家 外様大名 210,000 366,271.710000 筑後
19 久保田藩 (秋田藩)[17] 佐竹家 外様大名 205,800 332,038.779000 出羽・下野・蝦夷
20 土佐藩[18] 山內家 外様大名 202,600 495,486.000000 土佐
21 盛岡藩[19] 南部家 外様大名 200,000 316,697.439000 陸奥・蝦夷
21 彥根藩[20] 井伊家 譜代大名 200,000 203,887.990000 近江・下野・武蔵
23 松江藩[21] 越前松平家 親藩 186,000 288,029.180000 出雲
24 米澤藩[22] 上杉家 外様大名 180,000 336,645.572940 出羽
25 厩橋藩 (前橋藩) 越前松平家 親藩 170,000 217,709.033840 上野・下野・武蔵・安房・上総・常陸・近江
25 庄内藩 (鶴岡藩、大泉藩)
(領知高16万7071石余)[23]
酒井家 譜代大名 170,000 222,385.359110 出羽・蝦夷
27 郡山藩 柳澤家 譜代大名 151,288 152,912.299870 大和・河内・近江
27 香春藩 (小倉藩、豐津藩)[24] 小笠原家 譜代大名 150,000 212,770.764600 豊前
29 姬路藩 酒井家 譜代大名 150,000 211,224.081000 播磨
29 伊予松山藩 久松松平家 親藩 150,000 157,184.977000 伊予
29 高田藩 榊原家 譜代大名 150,000 154,104.158000 越後・陸奥
32 高松藩[11] 水戶松平家 親藩家門連枝 120,000 201,714.982000 讃岐
33 小田原藩[25] 大久保家 譜代大名 113,129 124,853.480340 相模・伊豆・駿河・河内・摂津
34 桑名藩[26] 久松松平家 親藩 110,000 144,439.117390 伊勢・越後
34 佐倉藩 堀田家 譜代大名 110,000 132,941.206910 下総・常陸・下野・武蔵・相模・出羽
34 備後福山藩 阿部家 譜代大名 110,000 112,728.682000 備後・備中
37 柳河藩 立花家 外様大名 109,647 155,394.060000 筑後
38 小濱藩 酒井家 譜代大名 103,558 106,599.348200 若狭・越前・近江
39 淀藩 稻葉家 譜代大名 102,000 113,314.627890 山城・摂津・河内・和泉・近江・下総・常陸・上野
40 二本松藩[27] 丹羽家 外様大名 100,700 133,487.127780 陸奥
41 弘前藩[28] 津輕家 外様大名 100,000 287,733.885000 陸奥・蝦夷
41 富山藩[1] 前田家 外様大名 100,000 159,297.871000 越中
41 忍藩 奧平松平家 譜代大名 100,000 141,752.473870 武蔵・伊勢・播磨
41 新發田藩 溝口家 外様大名 100,000 139,102.187350 越後・陸奥
41 大垣藩 戶田氏 譜代大名 100,000 131,106.431580 美濃
41 松代藩 真田家 外様大名 100,000 123,570.020000 信濃
41 中津藩 奧平家 譜代大名 100,000 119,994.301580 豊前・備後・筑前
41 棚倉藩[29] 阿部氏 譜代大名 100,000 112,997.053270 陸奥・出羽・播磨・信濃・遠江
41 津山藩 越前松平家 親藩 100,000 104,576.913000 美作・讃岐
41 宇和島藩[30] 伊達家 外様大名 100,000 100,402.120000 伊予
41 明石藩 (領知高8万石)[31] 越前松平家 親藩 100,000 90,304.109000 播磨・美作
41 大聖寺藩 (領知高8万石)[1] 前田家 外様大名 100,000 83,772.033000 加賀
41 對馬府中藩 (領知高3万3402石余)[32] 宗家 外様大名 100,000 52,174.778300 対馬・肥前・筑前
41 喜連川藩 (領知高5千石)[33] 喜連川家 外様大名 100,000 10,209.519500 下野・摂津

註釋编辑

  1. ^ 1.0 1.1 1.2 金沢藩の石高は、富山藩(公称高10万石)、大聖寺藩(公称高10万石)の石高を含まない。ただし大聖寺藩の石高の内2万石は本家からの蔵米支給であり、実際の領知高は8万石である。また金沢藩は能登に1万4368石9斗3升7合4勺5才の私領打込預所を有していたが、金沢藩の石高には含まない。
  2. ^ 鹿児島藩の石高は、琉球國(公称高12万3700石、内高9万4230石0斗0升1合5勺7才)の石高を含むが、佐土原藩(公称高2万7070石、内高3万3262石7斗9升3合2勺)の石高を含まない。奄美を含む鹿児島藩本土の石高は77万5363石5斗7升5合0勺7才である。
  3. ^ 仙台藩の石高は、一関藩(公称高3万石)の石高を含む。また内高は『宮城縣史 本篇2 近世史』、『岩手県史 第6巻 近代篇 1』を参考にして、『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 二藩合計 仙台藩 一関藩
    磐城国宇多郡 7,012.74700 7,012.74700
    磐城国刈田郡 23,539.23000 23,539.23000
    磐城国伊具郡 39,442.94000 39,442.94000
    磐城国亘理郡 23,581.81000 23,581.81000
    陸前国名取郡 64,249.90000 64,249.90000
    陸前国宮城郡 75,435.82000 75,435.82000
    陸前国黒川郡 43,611.09000 43,611.09000
    陸前国加美郡 39,247.46000 39,247.46000
    陸前国柴田郡 30,527.78000 30,527.78000
    陸前国遠田郡 62,372.49000 62,372.49000
    陸前国志田郡 57,192.83000 57,192.83000
    陸前国牡鹿郡 14,927.35000 14,927.35000
    陸前国桃生郡 73,441.62000 73,441.62000
    陸前国栗原郡 136,492.99000 135,082.13000 1,410.86000
    陸前国登米郡 41,791.37000 41,791.37000
    陸前国玉造郡 24,906.98000 24,906.98000
    陸前国本吉郡 21,682.68000 21,682.68000
    陸前国気仙郡 15,626.76000 15,626.76000
    陸中国磐井郡 84,007.06000 51,390.62000 32,616.44000
    陸中国胆沢郡 75,764.26000 75,764.26000
    陸中国江刺郡 38,815.27000 38,815.27000
    常陸国筑波郡 3,662.04050 3,662.04050
    常陸国信太郡 5,598.66466 5,598.66466
    常陸国河内郡 2,213.82700 2,213.82700
    下総国豊田郡 295.99000 295.99000
    近江国蒲生郡 12,220.49600 12,220.49600
    近江国野洲郡 1,157.20600 1,157.20600
    合計 1,018,818.66116 984,791.36116 34,027.30000
    改易処分後 308,364.610000 278,017.24000 30,347.37000
  4. ^ 名古屋藩の石高は、明治立藩の御附家老犬山藩(公称高3万5千石、内高4万2704石8斗0升3合1勺)、今尾藩(公称高3万石、内高1万7906石9斗1升3合)の石高を含むが、御連枝高須藩(公称高3万石、内高3万0154石5斗0升3合)の石高を含まない。名古屋藩のみの石高は85万3215石3斗2升9合8勺である。
  5. ^ 和歌山藩の石高は、明治立藩の御附家老の紀伊新宮藩(公称高3万8800石、内高3万9359石4斗0升9合6勺4才)、紀伊田辺藩(公称高3万5千石、内高3万6624石7斗5升8合2勺5才)の石高を含むが、御連枝の西条藩(公称高3万石、内高4万0801石8斗)の石高を含まない。和歌山藩のみの石高は53万9469石4斗7升0合7勺である。
  6. ^ 熊本藩の石高は、熊本新田藩(高瀬藩)(公称高3万5千石)、宇土藩(公称高3万石)の石高を含む。熊本藩は本領の他に2万2千石の私領同様預所を有していた。
  7. ^ 福岡藩の石高は、秋月藩(公称高5万石、内高5万1783石6斗2升5合3勺9才)の石高を含まない。
  8. ^ 広島藩の石高は、広島新田藩(公称高3万石)の石高を含む。
  9. ^ 萩藩の石高は、長府藩(豊浦藩)(公称高5万石、内高10万0972石)、徳山藩(公称高4万0010石、内高6万9054石)、清末藩(公称高1万石、内高1万3091石)、明治立藩の岩国藩(公称高6万石、内高8万1221石)の石高を含む。萩藩のみの石高は71万3666石である。なお萩藩は慶応2年旧暦5月1日(1866年6月13日)に禁門の変の咎で10万石の減封処分を下されている。
  10. ^ 佐賀藩の石高は、小城藩(公称高7万3252石)、蓮池藩(公称高5万2625石)、鹿島藩(公称高2万石)の石高を含む。なお佐賀四藩の石高は『藩制一覧』(88万6525石4斗2升0合0勺7才5弗)と『旧高旧領取調帳』(34万2913石3斗8升6合2勺8才)で明白に異なるが、これは佐賀藩における過大な新田高の算出法に起因し(例えば佐賀本藩の石高72万4739石3斗1升5合2勺の内、本高21万1159石0斗9升9合、新田高51万3580石2斗1升6合2勺)、ここでは佐賀藩の報告した過大な石高を採用した。
    旧国郡 四藩合計 佐賀藩 小城藩 蓮池藩 鹿島藩
    肥前国佐賀郡 95,677.440200 91,158.559200 3,954.138000 564.743000
    肥前国神崎郡 41,936.357000 34,875.009300 7,061.347700
    肥前国養父郡 11,463.730600 11,463.730600
    肥前国三根郡 14,537.362100 14,537.362100
    肥前国小城郡 41,137.798600 14,385.799500 26,751.999100
    肥前国杵島郡 67,773.728130 63,775.096130 3,998.632000
    肥前国藤津郡 33,033.061000 8,782.163800 10,539.488700 13,711.408500
    肥前国松浦郡 14,154.731550 11,618.534350 2,317.502200 218.695000
    肥前国彼杵郡 2,413.126100 2,413.126100
    肥前国高来郡 20,786.057300 20,786.057300
    合計 342,913.392580 273,795.438380 33,023.639300 22,382.906400 13,711.408500
    『藩制一覧』 886,525.420075 724,739.315200 82,126.320000 59,659.784875 20,000.000000
  11. ^ 11.0 11.1 水戸藩の石高は、明治立藩の御附家老の常陸松岡藩(公称高2万5千石、内高1万7300石4斗7升)の石高を含むが、御連枝の高松藩(公称高12万石)、守山藩(松川藩)(公称高2万石、内高2万9322石3斗1升9合3勺3才)、常陸府中藩(石岡藩)(公称高2万石、内高2万9069石6斗8升3合0勺1才)。宍戸藩(公称高1万石、内高1万0499石6斗6升6合)の石高を含まない。水戸藩のみの石高は29万6115石3斗6升9合である。
  12. ^ 津藩の石高は、久居藩(公称高5万3千石、内高5万8686石1斗6升5合)の石高を含む。津藩のみの石高は29万9334石6斗8升2合である。
  13. ^ 鳥取藩の石高は、鳥取東館新田藩(鹿奴藩)(公称高3万石)、鳥取西館新田藩(若桜藩)(公称高1万5千石)、および明治立藩の福本藩(公称高1万0573石)へ分知した4500石の石高を含むが、福本藩の旧交代寄合領(内高7073石0斗5升2号)は含まない。
  14. ^ 岡山藩の石高は、鴨方藩(公称高2万5千石、内高2万5839石7斗7升)、生坂藩(公称高1万5千石)の石高を含む。岡山藩のみの石高は45万4117石1斗9升9合6勺である。
  15. ^ 会津藩は文久元年(1861年)旧暦4月、本領23万石(陸奥国5郡、越後国蒲原郡、安房国)の内、安房1万6600石と陸奥国会津・河沼・耶麻郡の内3万3400石を越後国魚沼・蒲原・岩舟・三島郡5万石に替え、陸奥国会津・河沼・耶麻郡の3万3400石を大名預所に振り替えることで、陸奥・下野・越後に広がる大名預所は7万5千石に増えた。文久3年10月15日(1863年11月25日)、この大名預所は私領同様預所とされた。京都守護職に就任した際、畿内を中心に5万石の役知(山城、河内、播磨)が支給されたが、他に文久4年2月11日(1864年1月4日)には5万石の加増の決定を受けた。多くの書籍ではこの時の加増として陸奥・下野の南山御蔵入領5万石を領分に振り替えたと記述しているが、実際に加増された地域は別に越後2万5千石、近江1万5千石、和泉1万石とする研究があり、本表ではこれに従った。詳しくは以下を参照。
    • 真木惇, 「幕末期越後の会津藩領」, 『新潟史研究』, 15号, pp. 25–38 (1983年).
    • 廣野卓, 「和泉国の会津藩領について」, 『会津史談会』, 48号, pp. 28–50 (1975年).
    • 新田美香, 「京都守護職に対する幕府の財政援助」, 『お茶の水史学』, 45号, pp. 53–73 (2001年).
    また内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 領分・預所・役知合計 会津藩領分 会津藩預所 京都守護職役知
    岩代国安積郡 12,121.10984 12,121.10984
    岩代国河沼郡 76,212.17100 56,729.96800 19,482.20300
    岩代国会津郡 88,221.33950 88,221.33950
    岩代国大沼郡 53,029.61600 28,544.90800 24,484.70800
    岩代国耶麻郡 126,244.94100 101,864.91300 24,380.02800
    越後国魚沼郡 48,142.40550 24,579.43500 23,562.97050
    越後国三島郡 4,486.12500 4,486.12500
    越後国蒲原郡 48,058.66015 48,058.66015
    越後国岩舟郡 13,191.57857 13,191.57857
    和泉国南郡 1,273.35180 1,273.35180
    和泉国日根郡 9,430.77490 9,430.77490
    近江国栗太郡 1,401.84413 1,401.84413
    近江国蒲生郡 829.52500 829.52500
    近江国高島郡 3,024.39000 3,024.39000
    近江国野洲郡 9,805.74285 9,805.74285
    下野国塩谷郡 951.82100 951.82100
    山城国愛宕郡 552.03140 552.03140
    山城国葛野郡 3,179.09063 3,179.09063
    山城国乙訓郡 3,002.27700 3,002.27700
    山城国紀伊郡 4,365.51700 4,365.51700
    山城国久世郡 6,654.22720 6,654.22720
    山城国綴喜郡 3,618.76670 3,618.76670
    山城国相楽郡 810.21950 810.21950
    河内国河内郡 3,892.47700 3,892.47700
    河内国讃良郡 5,912.00500 5,912.00500
    河内国交野郡 4,614.54880 4,614.54880
    河内国若江郡 3,923.46800 3,923.46800
    播磨国美嚢郡 1,739.24990 1,739.24990
    播磨国加東郡 2,031.86892 2,031.86892
    播磨国加西郡 6,818.01400 6,818.01400
    合計 547,539.15729 403,563.66574 92,861.73050 51,113.76105
  16. ^ 久留米藩は本領の他に2万2千石の私領同様預所を有していた。
  17. ^ 久保田藩の石高は、久保田新田藩(秋田新田藩、岩崎藩)(公称高2万石)の石高を含む。
  18. ^ 高知藩の石高は、高知新田藩(公称高1万石)の石高を含む。
  19. ^ 盛岡藩の石高は、盛岡新田藩(七戶藩)(公称高1万1千石)の石高を含むが、八戶藩(公称高2万石)の石高は含まない。また内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 三藩合計 盛岡・七戶藩合計 盛岡藩 七戶藩 八戶藩
    陸中国厳手郡 45,941.572 45,941.572 45,941.572
    陸中国紫波郡 54,630.511 47,812.127 47,812.127 6,818.384
    陸中国稗貫郡 51,689.690 51,689.690 51,689.690
    陸中国和賀郡 53,170.809 53,170.809 53,170.809
    陸中国閉伊郡 28,559.015 28,559.015 28,559.015
    陸中国鹿角郡 20,965.045 20,965.045 20,965.045
    陸中国九戸郡 11,907.890 956.103 956.103 10,951.787
    陸奥国二戸郡 14,796.270 14,796.270 14,796.270
    陸奥国三戸郡 42,952.698 29,282.249 29,282.249 13,670.449
    陸奥国北郡 23,524.559 23,524.559 9,611.033 13,913.526
    合計 348,138.059 316,697.439 302,783.913 13,913.526 31,440.620
    改易処分後 211,382.579 171,308.579 160,923.932 10,384.647 40,074.000
  20. ^ 彦根藩は本領の他に3万4千石の私領同様預所(内高3万4278石9斗2升)を有していた。
  21. ^ 松江藩の石高は、広瀬藩(公称高3万石、内高3万3128石0斗9升)、母里藩(公称高1万5千石、内高9560石9斗3升1合)を含む。松江藩のみの石高は24万5340石1斗5升9合である。
  22. ^ 米沢藩の石高は、米沢新田藩(公称高2万石)の石高を含む。なお慶応2年旧暦6月25日(1866年8月5日)に屋代郷3万石を加増されることで、出羽国置賜郡一円の所領が復帰した。米沢藩は本領の他に1万3千石の私領同様預所を有していた。内高は『旧高旧領取調帳』記載の羽前国置賜郡の総石高。
  23. ^ 幕末の鶴岡藩は「拾七万石之格」として扱われたが、実際の領知高は16万7071石余であった。鶴岡藩の石高は、出羽松山藩(松峰藩)(公称高2万5千石)の石高を含まない。また内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 二藩合計 大泉藩 松峰藩
    羽前国村山郡 13,720.98120 13,720.98120
    羽前国田川郡 157,863.44384 154,509.90731 3,353.53653
    羽前国飽海郡 74,886.33810 67,875.45180 7,010.88630
    上野国勢多郡 2,354.46100 2,354.46100
    上野国山田郡 1,001.70400 1,001.70400
    合計 249,826.92814 222,385.35911 27,441.56903
    改易処分後 146,800.15744 120,000.00000 26,800.15744
  24. ^ 小倉藩の石高は、小倉新田藩(千束藩)(公称高1万石、内高1万0172石2斗1升2合6勺)、及び慶応3年旧暦1月20日(1867年2月24日)に長州藩預所となった企球郡代の石高(3万6981石2斗)を含む。豊津藩のみの石高は16万5617石3斗5升2合である。
  25. ^ 小田原藩の内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 内高
    相模国足柄上郡 33,117.75041
    相模国足柄下郡 28,467.56900
    相模国淘綾郡 1,235.87839
    相模国大住郡 3,326.93979
    相模国愛甲郡 250.42200
    相模国津久井県 4,612.21825
    伊豆国君沢郡 2,932.72270
    伊豆国田方郡 1,438.04100
    駿河国駿東郡 16,590.62900
    駿河国富士郡 1,135.80700
    河内国石川郡 1,708.64600
    河内国古市郡 660.39700
    河内国安宿郡 777.36900
    河内国大県郡 2,213.57300
    河内国高安郡 721.54800
    河内国河内郡 2,201.65100
    河内国交野郡 8,156.41170
    河内国若江郡 1,679.76800
    河内国志紀郡 991.64400
    河内国丹南郡 1,548.62100
    河内国丹北郡 3,691.79400
    摂津国東成郡 2,070.21800
    摂津国住吉郡 5,323.86210
    合計 124,853.48034
    改易処分後 75,532.40314
  26. ^ 桑名藩の内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 内高
    伊勢国桑名郡 30,662.92400
    伊勢国員弁郡 32,884.77300
    伊勢国朝明郡 14,110.25200
    伊勢国三重郡 6,008.33000
    越後国古志郡 1,472.08800
    越後国魚沼郡 4,087.79500
    越後国刈羽郡 40,058.02339
    越後国三島郡 10,253.15300
    越後国蒲原郡 4,901.77900
    合計 144,439.11739
    改易処分後 60,560.32500
  27. ^ 二本松藩の内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。
    旧国郡 内高
    岩代国安達郡 87,124.05506
    岩代国信夫郡 4,719.96030
    岩代国安積郡 41,643.11242
    合計 133,487.12778
    改易処分後 500,000.000
  28. ^ 弘前藩の石高は、黒石藩(公称高1万石、内高1万3251石8斗8升5合)の石高を含む。弘前藩のみの石高は27万4482石である。
  29. ^ 棚倉藩の内高は『旧高旧領取調帳』から算出した。ただし信濃、遠江の白河藩領とされる地域も棚倉藩領として合算した。
    旧国郡 内高
    磐城国白川郡 22,955.74965
    磐城国菊多郡 14,378.29860
    磐城国楢葉郡 12,503.13000
    磐城国磐前郡 2,663.53100
    磐城国磐城郡 933.81000
    岩代国伊達郡 17,679.10700
    岩代国信夫郡 2,841.51800
    羽前国村山郡 8,549.75800
    播磨国加東郡 5,847.35400
    信濃国伊那郡 14,039.90002
    遠江国山名郡 3,075.17100
    遠江国豊田郡 5,085.95000
    遠江国麁玉郡 293.28000
    遠江国引佐郡 2,150.49600
    合計 112,997.05327
    改易処分後 59,982.00000
  30. ^ 宇和島藩の石高は、伊予吉田藩(公称高3万石、内高3万0007石6斗8升8合5勺4才)の石高を含まない。
  31. ^ 幕末の明石藩は「拾万石之格」として扱われていたが、実際の領知高は8万石であった。
  32. ^ 幕末の対馬府中藩は「拾万石之格」として扱われたが、実際の領知高は3万3402石余であった。なお内高は『長崎県史 藩政編』により、他に預地3万5190石を豊前・豊後に有していた。明治2年旧暦9月18日(1869年10月22日)、歳賜米3万石を領地に換え、さらに明治3年旧暦1月19日(1870年2月19日)、領地の一部を振り替えることで、8万4509石余に加増される。
  33. ^ 幕末の喜連川藩は「拾万石之格」として扱われたが、実際の領知高は5千石であった。