打开主菜单

信濃號列車(日语:しなの)是東海旅客鐵道(JR東海)及東日本旅客鐵道(JR東日本)運行的開行於名古屋站長野站之間,經由中央本線篠之井線信越本線特急列車(2018年3月之前為L特急)。列車名稱來自於長野縣在古代名為信濃國

383ena.jpg
383系電聯車行駛的「Wideview信濃號」
(2007年5月)
概覽
技術數據
試驗最高速度 130km/h
軌距 1,067mm

2010年12月4日,因稻穗號列車いなほ)縮短行車區間,行駛至至大阪車站的信濃16號成為JR在來線日間行駛距離最長的定期班次特急列車[1]。2016年3月26日後,因利用率不佳,大阪站發車的信濃號被廢除[2],而不再是在來線行車距離最長的列車。至此日本已無白天運行的跨越JR三社的客運列車[3][4]

參考資料编辑

  1. ^ 営業キロだけで見ると「しなの9号」も同距離である。ただし、「しなの16号」は大垣駅 - 関ケ原駅間を垂井駅経由ではなく実キロの長い通称・新垂井線(旧新垂井駅経由)を通るため、実キロでは「しなの16号」の方が長くなる。
  2. ^ Response. JR各社、来年3月ダイヤ改正の概要を発表…東京〜函館間は約50分短縮. 株式会社イード. 2015-12-18 [2015-12-18]. 
  3. ^ 長野と大阪結ぶ「大阪しなの」無くなる 来春ダイヤ改正から「しなの」が長野〜名古屋間のみの運行に. ねとらぼ. 2015-12-18 [2015-12-19]. (原始内容存档于2015-12-22). 
  4. ^ 特急「しなの」大阪発着、ダイヤ改正で廃止へ. 読売新聞. 2015-12-20 [2015-12-21]. (原始内容存档于2015-12-21).