八百屋於七

八百屋於七(1668年-1683年4月25日)是日本江戶時代的一位少女,以於七火災お七火事)事件而聞名。同時代的文學家井原西鶴以其為藍本,加上自己的創作,收錄在《好色五人女小說中。淨瑠璃等也以其故事作為題材。

日語寫法
日語原文八百屋お七
假名やおやおしち
平文式罗马字Yaoya Oshichi
八百屋於七。二代目歌川国輝所繪(1867)
位於圓乘寺的於七之

生平编辑

於七生於寬文八年(1668年)[1],是在江戶本鄉經營八百屋的太郎兵衛的女兒。天和二年十二月廿八日(1683年1月25日)江戶發生了天和大火,於七的家也被波及,因此暫時避居到家族的檀那寺-圓乘寺[2]。情竇初開的於七在那裡邂逅了寺院雜役(寺小姓[3])生田庄之助[4],進而深深迷戀上他。後來新居落成,於七搬回新家,但仍然朝思暮想、不能自拔,竟然蹦出了「再次失火便能相見」的瘋狂想法。於是於七在家中放火,但越看越害怕,急喚鄰里前來救火,所幸火勢很快就被撲滅,也沒有造成大災害。但是縱火在江戶時代乃是重罪,禍首於七便被押赴奉行所衙門)審問。承辦的奉行甲斐莊正親聽了於七的理由後,念其年少懵懂、心為情亂,加上未釀大禍,因此有意網開一面。甲斐莊發現於七的年齡是個可利用的法律漏洞,遂問於七今年是否15歲,因為當時律令規定15歲以下的少年犯得以減一級刑罰。但於七卻十分堅持自己是16歲,而且提出證明。甲斐莊莫可奈何,只好判處於七死罪。天和三年三月廿九日(1683年4月25日),於七在鈴森(鈴ヶ森)的刑場火刑而死,得年16歲。因為天和大火可謂改變於七一生的命運之火,所以後人也將天和大火稱為「於七火災」。

延伸阅读编辑

書籍

  • 安西篤子 著『歴史を彩った悪女才女賢女』 講談社、1985年、ISBN 978-4-062-02001-5
  • 石井 良助『日本法制史概説』創文社、1960年
  • 井原西鶴 原著、吉行淳之介 現代語訳『好色五人女』河出書房新社、1979年
  • 著者不明 天和笑委集 収録『新燕石十種』第七巻、中央公論社、1982年
  • 曳尾庵「我衣」収録『燕石十種』第1巻、中央公論社、1980年
  • 市川染五郎 (7代目) 監修、君野倫子 著『歌舞伎のびっくり満喫図鑑』小学館、2010年、ISBN 978-4-09-310768-6
  • 大曾根章助 他 編集『研究資料日本古典文学第10巻 劇文学』明治書院、1983年
  • 歌舞伎座DVD book『歌舞伎座さよなら公演 歌舞伎座さよなら公演16か月全記録 第5巻 九月大歌舞伎・芸術祭十月大歌舞伎』小学館、2011年、付属解説書 およびDVD DISC 6
  • 黒木喬 著『お七火事の謎を解く』教育出版、2001年、ISBN 4-316-35860-X
  • 国立劇場 編集『国立劇場歌舞伎公演上演台本 135巻』1986年
  • 国立劇場芸能調査室 編集『国立劇場上演資料集 248巻 天竺徳兵衛韓噺・歌舞伎十八番の内嫐・松竹梅雪曙 第135回歌舞伎公演』国立劇場、1986年
  • サライ責任編集『十代目桂文治』昭和の名人完結編、小学館、2011年、pp.11-12および付属CD「八百屋お七」
  • 高野辰之、黒木勘蔵 校正『元禄歌舞伎傑作集』上巻、早稲田大学出版会、1925年
  • 竹野静雄 著『江戸の恋の万華鏡』新典社、2009年、ISBN 978-4-7879-6777-0
  • 田口章子 著『歌舞伎ギャラリー50』学研、2008年、ISBN 4-054-03499-3
  • 谷脇理史 訳注『好色五人女』角川学芸出版〈角川ソフィア文庫〉、2008年、ISBN 978-4-04-408201-7
  • 塚本学 校注・解説 戸田茂睡 著『御当代記 将軍綱吉の時代』平凡社、1998年、ISBN 4-582-80643-0
  • 鶴屋南北 著 廣末 保 他編集『鶴屋南北全集』第8巻、三一書房、1972年
  • 利根川裕『歌舞伎ヒロインの誕生』右文書院、2007年、ISBN 978-4-8421-0087-6
  • 長崎巌 監修、弓岡勝美編集『きもの文様図鑑』平凡社、2005年、ISBN 4-582-62039-6
  • 日本古典文学全集『浄瑠璃集』横山正 校注・訳。小学館、1971年
  • 馬場文耕「近世江都著聞集」収録『燕石十種』第5巻、中央公論社、1980年
  • 藤田洋 編集『文楽ハンドブック』第三版、三省堂、2011年、ISBN 978-4-385-41067-8
  • 双葉社スーパームック『歌舞伎がわかる本』、双葉社、2012年、ISBN 978-4-575-45271-6
  • 美内すずえ『ガラスの仮面』第36巻「火のエチュード」、白泉社、1989年
  • 水落潔 著『歌舞伎鑑賞辞典』東京堂、1993年、ISBN 4-490-10352-2
  • 目代清 著『近世歌舞伎舞踊作品-恋多き娘達』邦楽と舞踊社、2003年、ISBN 4-938401-03-7
  • 吉川弘文館『国史大辞典』5巻、1985年、ISBN 4-642-00505-6
  • 吉川弘文館『国史大辞典』11巻、1990年、ISBN 4-642-00511-0
  • 吉川弘文館『国史大辞典』13巻、1992年、ISBN 4-642-00513-7
  • 渡辺保 編『カブキハンドブック』新書館、1998年、ISBN 4-403-25035-1
  • 渡辺保 編『カブキ101物語』新書館、2004年、ISBN 978-4-403-25079-8

論文、記事

  • 加茂瑞穂「八百屋お七からお嬢吉三へ衣装デザインの創造について」『アートリサーチ』Vol.11、立命館大学アートリサーチセンター、2011年
  • 曠山人「八百屋お七考」復刻本集『西鶴研究資料集成 昭和13年・14年』竹野静男監修、クレス出版、2010年
  • 国際浮世絵学会『浮世絵芸術』162号、2011年、
  • 笹本まり子「八百屋お七恋桜操芝居について」『叢』26号、近世文学研究叢の会、2005年
  • 塩村耕「『好色五人女』八百屋お七の謎」『国語と国文学』平成6年12月号、東京大学国語国文学会編、1994年
  • 高橋圭一「八百屋お七とお奉行様」『江戸文学』29号、ペリカン社、2003年
  • 丹羽みさと「天和笑委集の特徴」『立教大学日本文学』89号、立教大学日本文学会、2002年
  • 矢野公和「八百屋お七は実在したのか」『西鶴と浮世草子』Vol.4、笠間書院、2010年
  • 竹野静雄「西鶴-海音の遺産 八百屋お七物の展開」『日本文学』Vol.32、日本文学協会編集、1983年
  • 竹野静雄「八百屋お七物の輪郭--江戸小説を中心に」早稲田大学国文学会編集『国文学研究』85号、早稲田大学国文学会 発行、1985年
  • 竹野静雄「八百屋お七の地方伝承」芸能学会編『芸能』28巻1号、芸能発行所、1986年
  • 渡辺憲司「江戸サブカル紀行」『大衆文化』創刊準備号、立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター、2008年

覗きからくりについて

  • 坂井美香「飴売りと覗きからくり」『歴史民俗資料学研究』第15号、神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科、2010年
  • 林雅彦「絵解き・覗きからくり・立絵」『国文学 解釈と鑑賞』第76巻10号、ぎょうせい、2011年
  • 上島敏昭「のぞきからくり」『国文学 解釈と鑑賞』第76巻10号、ぎょうせい、2011年

注釋编辑

  1. ^ 此說為後人推算。另一說為生於寬文六年(1666年),時年丙午。由於日本人有「丙午之女不吉」的迷信,而於七瘋狂的行為與不幸的遭遇與此相當貼切,因此以訛傳訛便有寬文六年出生的說法。
  2. ^ 或說在正仙寺
  3. ^ 也有僧侶武士等說法。
  4. ^ 一說名為左兵衛。在《好色五人女》小說中則為吉三郎。