持明院陳子

持明院陳子(じみょういん ちんし/のぶこ、藤原陳子,1173年-1238年11月10日),平安時代鎌倉時代女性。後高倉院之妃,後堀河天皇生母。父正二位权中纳言持明院基家、母亲是平頼盛之女(宰相局、後高倉院乳母),同母兄持明院保家。准三宮女院北白河院(きたしらかわいん),法名如律。

承安三年持明院陳子出生。她的堂兄弟一条能保是源頼朝坊門姬的夫婿,平治之乱救源頼朝之命的池禅尼是平頼盛的生母,鎌倉幕府对持明院陳子的家族有好感,承久3年(1221年),立她所生的儿子即位为後堀河天皇[1]

贞应元年(1222年)四月十三日,为从三位、准三宮,同年七月十一日,院号宣下。同年出家,号如律。嘉禎四年十月初三(1238年11月10日),六十六岁时持明院陳子薨。

编辑

  1. ^ 近藤成一「鎌倉幕府の成立と天皇」(初出:永原慶二 他編『講座前近代の天皇 第1巻 天皇権力の構造と展開その1』(青木書店、1992年)/所収:近藤『鎌倉時代政治構造の研究』(校倉書房、2016年) ISBN 978-4-7517-4650-9

参考文献编辑

  • 角田文衞《平家後抄〈上〉落日後の平家》 講談社学術文庫 2000年(1981年刊行)。