打开主菜单

濱下武志(1943年11月20日),日本知名漢學家[1]中國經濟史專家。早年畢業於東京大學文學部東洋史學,並且於同校師從田中正俊取得研究生學位。他是2006年福岡亞洲文化獎的得主和2017年美國人文與科學院歷史院士。[2]

略歷编辑

著作编辑

個人作品编辑

  • 『中国近代経済史研究――清末海関財政と開港場市場圏』(汲古書院, 1989年)
  • 『近代中国の国際的契機――朝貢貿易システムと近代アジア』(東京大学出版会, 1990年)
  • 『香港――アジアのネットワーク都市』(ちくま新書 1996年)《香港大視野──亞洲網絡中心》(商務印書館(香港)有限公司, 1997年)
  • 『朝貢システムと近代アジア』(岩波書店 1997年)
  • 『沖縄入門――アジアをつなぐ海域構想』(ちくま新書 2000年)
  • 『華僑・華人と中華網 移民・交易・送金ネットワークの構造と展開』岩波書店、2013 

編著编辑

  • 『東アジア世界の地域ネットワーク』(山川出版社 1999年)

共編著编辑

《近代亞洲的都市和日本:香港都市案內集成》(ゆまに書房, 2013-2015年,共十三卷)

參考文獻编辑