打开主菜单
1953年3月14日眾議院解散(混蛋解散)時的眾議院議場。圖中可見大多數議員依照慣例呼喊萬歲口號。

眾議院解散(日语:衆議院解散しゅうぎいんかいさん shūgiin kaisan */?)是日本眾議院解散制度,從《大日本帝國憲法》下的帝國議會到《日本國憲法》下的國會均存在此機制。

根據現行法律,眾議院的解散由內閣發動,但實務上的發動者是首相。內閣在主動或被動(如不信任案通過)的情況下,可由首相召開會議日语閣議 (日本)經全體閣員署名同意後,呈交建議書向天皇提請發布詔書以解散眾議院。解散詔書由眾議院議長向全體議員宣讀後,所有議員立即解職;眾議院隨後在解散起40日內改選,以產生新一屆議員。

目录

現行憲法下的眾議院解散编辑

根據《日本國憲法》,眾議院解散的發動權在內閣;在程序上,需由天皇根據內閣的助言和承認頒布詔書來執行,是天皇行使的國事行為日语国事行為之一(憲法第7條日语日本国憲法第7条第3項)[1]

與其他內閣制國家相同,發動解散眾議院有兩大原因:

發動解散的建議書雖然需要全體閣員簽名同意,但閣員的任免權屬於首相(憲法第68條日语日本国憲法第68条),如有閣員拒絕簽名,首相可當場將該名閣員開除,等同使發動解散成為首相的專有權利;因為如此,解散眾議院被稱為「首相的大權」或「傳家寶刀」。[2]

程序编辑

首相召開內閣會議日语閣議 (日本),會中全體閣員在眾議院解散的建議書上署名後,透過內閣總務官日语内閣総務官將建議書運送至皇居,向天皇提請頒布眾議院的解散詔書。解散詔書的制式文字是「依日本國憲法第七條,解散眾議院。」(日本国憲法第七条により、衆議院を解散する。)天皇簽署詔書後,內閣總務官護送詔書至眾議院所在的國會議事堂。經過會議流程上的準備後,眾議院議長於院會上,向全體議員公開宣讀詔書;宣讀完畢後,議員們依照慣例會「萬歲三唱」(連喊三聲萬歲),以示對解散的認同。如解散時間落在會期以外,則由議長召集各黨團英语Parliamentary group代表後,在議長接待室內宣讀詔書,其餘議員則透過眾議院公報來轉知;不過此種狀況不多,最近一次是1986年的「裝死解散日语死んだふり解散」。

眾議院解散詔書宣讀完畢的當下,包括議長在內的所有議員,均在任期未滿的狀態下強制去職、失去議員身分;眾議院的會期直接結束,審議法案、預算案、內閣不信任案等審議中的議案全部作廢,直到舉行總選舉產生新一屆議員為止。參議院同時休會至眾議院新任議員就職為止,但國家在期間內如發生緊急事態,內閣可視情況要求參議院召開緊急會議日语参議院の緊急集会;惟會議中所議決的措施,在新一屆眾議院召開後10日內需要獲得追認,否則自動失效(憲法第54條日语日本国憲法第54条)。

功能编辑

舊憲法下的眾議院解散编辑

大日本帝國憲法》下的眾議院解散是屬於天皇的大權(第7條日语大日本帝国憲法第7条),在國務大臣輔弼日语輔弼下行使(第55條第1項日语大日本帝国憲法第55条)。所以,實際上決定解散的是內閣。解散詔書的制式文字是「朕依帝國憲法第七條,命令解散眾議院」(朕帝國憲法第七條ニ依リ衆議院ノ解散ヲ命ス)。

歷次解散列表编辑

舊憲法時期编辑

大日本帝國憲法下的眾議院解散
  解散年月日 帝國議會回次・種別 解散時的內閣  主要通稱 選舉 備考
(1891年(明治23年)7月1日[3])   第1次山縣內閣   第1回  第1回帝國議會(常會)的會期是同年11月29日到翌1892年(明治24年)3月7日。眾議院在同年11月25日、貴族院在同年11月27日成立。
1 1892年(明治24年)12月25日   第2回・通常 第1次松方內閣   第2回    
2 1893年(明治26年)12月30日 第5回・通常 第2次伊藤內閣   第3回  
3 1894年(明治27年)6月2日 第6回・特別 第2次伊藤內閣   第4回  
4 1897年(明治30年)12月25日 第11回・通常 第2次松方內閣   第5回 解散之日決定內閣總辭職
5 1898年(明治31年)6月10日 第12回・特別 第3次伊藤內閣   第6回  
(1902年(明治35年)8月10日) 第16回・通常 第1次桂內閣    第7回 並非眾議院解散、任期屆滿。
6 1902年(明治35年)12月28日 第17回・通常 第1次桂內閣   第8回  
7 1903年(明治36年)12月11日 第19回・通常 第1次桂內閣   第9回  
(1908年(明治41年)5月15日) 第24回・通常 第1次西園寺內閣    第10回 並非眾議院解散、任期屆滿。
(1912年(明治45年)5月15日)  第28回・通常 第2次西園寺內閣    第11回 並非眾議院解散、任期屆滿。
8 1914年(大正3年)12月25日 第35回・通常 第2次大隈內閣   第12回  
9 1917年(大正6年)1月25日 第38回・通常 寺內內閣   第13回  
10 1920年(大正9年)2月26日 第42回・通常 原內閣   第14回  
11 1924年(大正13年)1月31日 第48回・通常 清浦內閣 懲罰解散 第15回  
12 1928年(昭和3年)1月21日 第54回・通常 田中內閣 普選解散 第16回 舉行初次普選
13 1930年(昭和5年)1月21日 第57回・通常 濱口內閣   第17回  
14 1932年(昭和7年)1月21日 第60回・通常 犬養內閣   第18回 總理就任後立即解散
15 1936年(昭和11年)1月21日 第68回・通常 岡田內閣   第19回 內閣不信任決議案的解散
16 1937年(昭和12年)3月21日 第70回・通常 林內閣 霸王餐解散 第20回  
(1942年(昭和17年)4月30日) 第79回・通常 東條內閣  翼賛選舉 第21回 並非眾議院解散、任期屆滿。在前年延長任期1年。
17 1945年(昭和20年)12月18日 第89回・臨時 幣原內閣 終戰解散[4]
GHQ解散[5]
第22回 GHQ的指令。首度認可婦女參政權。
18 1947年(昭和22年)3月31日 第92回・通常 第1次吉田內閣 新憲法解散[4]
第2次GHQ解散
第23回 GHQ的指令。因為同年5月3日日本國憲法施行,大日本帝國憲法下最後一次解散。

現行憲法時期编辑

日本國憲法下的眾議院解散
  解散年月日 國會回次・種別 解散時的內閣 主要通稱 選舉 備考
1 1948年(昭和23年)12月23日 第4回・常會 第2次吉田內閣 合謀解散[4] 第24回  內閣不信任決議通過
2 1952年(昭和27年)8月28日 第14回・常會 第3次吉田內閣 冷不防解散[4] 第25回 在議長接待室的解散
3 1953年(昭和28年)3月14日 第15回特別會 第4次吉田內閣 混蛋解散[4] 第26回 內閣不信任決議通過
4 1955年(昭和30年)1月24日 第21回・常會 第1次鳩山內閣 天之聲解散[4] 第27回 對政府三演說的代表質問中的解散
5 1958年(昭和33年)4月25日 第28回・常會 第1次岸內閣 討論解散[4] 第28回
6 1960年(昭和35年)10月24日 第36回・臨時會 第1次池田內閣 安保解散[4] 第29回  
7 1963年(昭和38年)10月23日 第44回・臨時會 第2次池田內閣 所得倍增解散[4]
心情解散[5]
預告解散
第30回  
8 1966年(昭和41年)12月27日 第54回・常會 第1次佐藤內閣 黑霧解散[4] 第31回 召集時解散
9 1969年(昭和44年)12月2日 第62回・臨時會 第2次佐藤內閣 沖繩解散[4] 第32回  
10 1972年(昭和47年)11月13日 第70回・臨時會 第1次田中內閣 日中解散[4] 第33回  
(1976年(昭和51年)12月9日
任期滿了)1 
(第78回・臨時會閉會後) 三木內閣 洛克希德解散、
洛克希德選舉[4]
第34回 任期屆滿(日本國憲法施行後唯一一次眾議院議員任期屆滿才解散)
11 1979年(昭和54年)9月7日 第88回・臨時會 第1次大平內閣 增稅解散[4]
消費稅解散[5]
第35回  
12 1980年(昭和55年)5月19日 第91回・常會 第2次大平內閣 碰巧解散[4] 第36回 內閣不信任決議通過的眾議院解散。在議長接待室宣讀解散詔書。和第12回参議院議員通常選舉眾参同日選舉
13 1983年(昭和58年)11月28日 第100回・臨時會 第1次中曾根內閣 田中判決解散[4] 第37回  
14 1986年(昭和61年)6月2日 第105回・臨時會 第2次中曾根內閣 裝死解散日语死んだふり解散[4]
裝睡解散
第38回 召集時解散。在議長接待室宣讀解散詔書。和第14回参議院議員通常選舉的眾參兩院同日選舉。
15 1990年(平成2年)1月24日 第117回・常會 第1次海部內閣 消費稅解散[4] 第39回 施政方針演說的解散
16 1993年(平成5年)6月18日 第126回・常會 宮澤內閣 撒謊解散日语嘘つき解散
政治改革解散[4]
第40回 內閣不信任決議通過
17 1996年(平成8年)9月27日 第137回・臨時會 第1次橋本內閣 小選區解散[5]
新選制解散[4]
無名解散
第41回 召集時解散
18 2000年(平成12年)6月2日 第147回・常會 第1次森內閣 神國解散[4]
千禧年解散
第42回  
19 2003年(平成15年)10月10日 第157回・臨時會 第1次小泉內閣 政權公約解散[4]
構造改革日语聖域なき構造改革解散
第43回  
20 2005年(平成17年)8月8日 第162回・常會 第2次小泉內閣 郵政解散日语郵政解散[4] 第44回 參議院否決郵政民營化法案
21 2009年(平成21年)7月21日 第171回・常會 麻生內閣 政權選擇解散、
受迫解散
第45回 議員在職天數是史上最長的1410日(除任期屆滿外)。解散到大選投票的時間為40日,也是史上最長。
22 2012年(平成24年)11月16日 第181回・臨時會 野田內閣 近期解散日语近いうち解散 第46回
23 2014年(平成26年)11月21日 第187回・臨時會 第2次安倍内阁 (改造) 安倍經濟學解散 第47回
24 2017年(平成29年)9月28日 第194回・臨時會 第3次安倍内閣 國難突破解散[6] 第48回 召集時解散

記錄编辑

  • 解散最多記錄 - 吉田內閣,4回
  • 戰後解散最短記錄 - 第1次鳩山內閣,45日(組閣1954年(昭和29年)12月10日・解散1955年(昭和30年)1月24日)

脚注编辑

  1. ^ 浅野一郎・河野久著 『新・国会事典―用語による国会法解説』 有斐閣、2003年、35-36頁、芦部信喜編 『演習憲法』 青林書院、1984年、513-514頁。
  2. ^ 日本経済新聞社 2011, p. 96.
  3. ^ 日期是第1回眾議院議員總選舉舉行之日。
  4. ^ 4.00 4.01 4.02 4.03 4.04 4.05 4.06 4.07 4.08 4.09 4.10 4.11 4.12 4.13 4.14 4.15 4.16 4.17 4.18 4.19 4.20 4.21 4.22 「ごめんね カオナシ 自民党 お手上げ――解散、名付けると」『朝日新聞』2009年7月22日付朝刊、第13版、第38面。
  5. ^ 5.0 5.1 5.2 5.3 橋本五郎、飯田政之、加藤秀治郎「日本政治ハンドブック: 政治ニュースがよくわかる!」(一藝社)
  6. ^ 【衆院解散】安倍晋三首相「国難突破解散」 北情勢、未曽有の危機迫り決断 産経新聞、2017年9月26日、9月28日閲覧

參考資料编辑

参考文献编辑

  • アチソン大使の指示項目』- 憲法制定の経過に関する小委員会『憲法制定の経過に関する小委員会報告書』、衆議院、1961年。 - ウィキソース。
  • 浅野一郎; 河野久. 新・国会事典―用語による国会法解説. 有斐閣. 2003. 
  • 芦部信喜編 『演習憲法』 青林書院、1984年。
  • 大山英久著『帝国議会の運営と会議録をめぐって』、『レファレンス』No.652(平成17年5月号)、国立国会図書館、2005年。
  • 佐藤幸治編 『要説コンメンタール 日本国憲法』 三省堂、1991年。
  • 日本経済新聞社編 『Q&A政治のしくみ50』 日本経済新聞出版社、2011年。
  • 野中俊彦; 中村睦男; 高橋和之; 高見勝利. 憲法 II 第4版. 有斐閣. 2006. 
  • 藤本一美著『「解散」の政治学―戦後日本政治史』、第三文明社、1996年。

關聯項目编辑