打开主菜单

孫崎享(1943年7月19日)是一名知名日本外交官、評論家,現任城西國際大學大學院人文科学研究科講師、東亞共同體研究所理事和所長。曾經擔任駐烏茲別克斯坦伊朗特命全權大使、外務省國際情報局局長、防衛大学校人文社会科学群学群長、筑波大学國際綜合學類非常務講師等。

孫崎享
Ukeru Magosaki, Photographed by Ryota Nakanishi (2).JPG
講座中的孫崎享
出生

(1943-07-19) 1943年7月19日76歲)
 滿洲國奉天省鞍山市

(今 中华人民共和国辽宁省鞍山市
国籍  日本
母校 金澤大學教育學部附屬高等學校日语金沢大学教育学部附属高等学校畢業
東京大學法學部肄業

生平编辑

1943年,孫崎享出生於滿洲國奉天省鞍山市,因其父親任職於南滿洲鐵道鞍山製鐵所(昭和製鋼所)。太平洋戰爭結束後,回到父親的故鄉石川縣小松市居住,並入讀小松市立松陽中学金澤大學教育學部附属高等學校。後來在就讀東京大学法学部期間外務公務員上級職甲種試驗取得合格,中途退学加入外務省。其後又先後到英國桑德赫斯特皇家軍事學院倫敦大學莫斯科國立大學進修。

2015年3月15日,孙崎享在新华网的专访中说,日本国内某些势力企图歪曲侵略历史,特别是在慰安妇问题與南京大屠杀问题上:在慰安妇问题上,一些人转移焦点至有无“强徵”慰安妇,企图以此否认慰安妇问题的存在;在南京大屠杀问题上,一些人质疑南京大屠杀的具体死亡人数,企图以此否认南京大屠杀的存在[1]

著作列表编辑

  • 『外交官――先輩の労苦をいしずえに』(あいうえお館、1984年)
  • 『カナダの教訓――「日米関係」を考える視点』(ダイヤモンド社、1992年 )
  • 『日本外交 現場からの証言――握手と微笑とイエスでいいか』(中公新書、1993年)
  • 『日米同盟の正体――迷走する安全保障』(講談社現代新書、2009年)
  • 『情報と外交』(PHP研究所、2009年)
  • 『日本人のための戦略的思考入門――日米同盟を超えて』(祥傳社新書、2010年)
  • 『日本の国境問題――尖閣・竹島・北方領土』(ちくま新書、2011年)
    • 中文版:《日本的國境問題:釣魚臺、獨島、北方四島》(戴東陽譯,中文大學出版社,2014年)
  • 『不愉快な現実――中国の大国化、米国の戦略転換』講談社現代新書、2012年)
  • 『戦後史の正体 1945-2012』(「戦後再発見」双書1)(創元社、2012年)
    • 中文版:《戰後的日美同盟真相》(郭一娜譯,八旗文化,2016年)
  • 『アメリカに潰された政治家たち』(小学館、2012年)
  • 『終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する! 』(法律文化社、2013年)[2]
  • 『独立の思考』(角川学艺出版、2013年)
  • 『鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「對美從屬」という宿痾(しゅくあ)』(飛鳥新社、2013年)
  • 『日本を疑うニュースの論点』(角川學藝出版、2013年)
  • 『小説外務省——尖閣問題の正体』(現代書館、2014年)

參考文獻编辑