日本奈良時代年號列表

維基媒體列表條目

日本自第三十六代孝德天皇即位並建元大化起開始使用年号(日语:元号げんごう Gengō)為其纪年方式,並在文武天皇於701年5月3日(大寶元年三月二十一日)再度恢復使用年號後,一直持續使用年號至今。日本的年號常取中國古籍中的辭句為典故,而改元的原因除天皇即位外,多數出於迷信及牽強附會[1]。因天皇即位而進行的改元通常在天皇即位翌年進行[2]。在奈良時代平安时代初期,天皇即位外的改元理由往往是出現祥瑞[3],而朝廷會命令學者尋找古籍中有關相關祥瑞的記載,並予以記錄[4]。奈良時代是日本唯一出現四字年號的時代[5]。另一方面,同在奈良時代期間在位的光仁天皇所改的年號「天應」則是日本唯一一個在正月初一日改元的年號[6]

奈良時代是日本唯一出現四字年號的時代,圣武天皇所改的年號天平感宝即為日本四字年號之一

以下列表僅收錄奈良時代啓用的日本年號。以下列表中,各年號的使用期與典故主要出自小學館出版的《日本大百科全書》,而每個年號的典故都分別附上维基文库的文本連結供參考。

列表编辑

年號 使用期
西曆年月日)
使用期
和曆年月日)
在位天皇 改元理由 典故 參考來源
靈龜 715年10月3日

717年12月23日
元年九月初二日

三年十一月十六日
元正天皇 元正天皇即位、左京職獻瑞 周易·頤》:「初九:舍爾靈龜,觀我朵頤。」[7] [8][9]
養老 717年12月24日

724年3月2日
元年十一月十七日

八年二月初三日
美濃國美泉日语養老の滝
  • 礼记·王制》:「有虞氏皇而祭,深衣而養老。」[10]
  • 《禮記·文王世子》:「凡大合樂,必遂養老。」[11]
[12][13]
神龜 724年3月3日

729年9月1日
元年二月初四日

六年八月初四日[註 1]
圣武天皇 左京人於白髮池得白龜以獻 大戴礼记·易本命》:「有甲之蟲三百六十,而神龜為之長。」[15] [16][17]
天平 729年9月2日

749年5月3日
元年八月初五日[註 1]

二十一年四月十三日[註 2]
左京職獻背刻「天王貴平知百年」文字之龜
  • 《周易·咸》:「聖人感人心而天下和平。」[19]
  • 《禮記·大學》:「國治而後天下平。」[20]
[21][18]
天平
感寶
749年5月4日

749年8月18日
元年四月十四日[註 3]

元年七月初一日
陸奧國貢金 (無) [23]
孝谦天皇
天平
勝寶
749年8月19日

757年9月5日
元年七月初二日

九歲[註 4]八月十七日
孝謙天皇即位 (無) [25]
天平
寶字
757年9月6日

765年1月31日
元年八月十八日

九年正月初六日
孝謙天皇寢殿天井出現「天下大平」四字、駿河國織成「五月八日開下帝釋標知天皇命百年息」文字 (無) [26][27]
淳仁天皇
稱德天皇
天平
神護
765年2月1日

767年9月12日
元年正月初七日

三年八月十五日
稱德天皇即位(孝謙天皇重祚 (無) [28]
神護
景雲
767年9月13日

770年10月22日
元年八月十六日

四年九月二十九日
天現慶雲 (無) [29]
寶龜 770年10月23日

781年1月29日
元年十月初一日

十一年十二月三十日
光仁天皇 肥後國獻白龜 《禮記·樂記》:「青黑緣者,天子之寶龜也。」[30] [31][32]
天應 781年1月30日

782年9月29日
元年正月初一日

二年八月十八日
天現美雲 《周易·革》:「汤武革命,順乎天而應乎人,革之時義大矣哉!」[33] [34][32]
桓武天皇
延曆 782年9月30日

806年6月7日
元年八月十九日

二十五年五月十七日
桓武天皇即位 《羣書治要·卷第二十六》:「民詠德政,則延期過歷。」[35] [36]
平城天皇

註釋编辑

  1. ^ 1.0 1.1 《日本年號大觀》作「六月十九日」。[14]
  2. ^ 《日本年號大觀》作「十七日」。[18]
  3. ^ 《日本年號大觀》作「十八日」。[22]
  4. ^ 孝謙天皇於天平勝寶七年(755年)下詔改「年」為「歲」。[24]

參考資料编辑

  1. ^ 森本 1933,第3, 160頁.
  2. ^ 森本 1933,第7-8頁.
  3. ^ 森本 1933,第14, 118頁.
  4. ^ 森本 1933,第12頁.
  5. ^ 旺文社 2000大化以後,奈良時代の四字年号,室町時代の私年号,南北朝の両朝別の年号などあるが,多くは,天皇代替りや,干支 (えと) によって改元された。.
  6. ^ 川村一彥. 宝亀の乱. 歷史研究會. 2020-10-08: 85. 
  7. ^   , 27. 
  8. ^ 小學館 1994〔天皇〕元正(げんしょう)〔改元理由〕即位、左京職より瑞亀(ずいき)が献上された瑞祥(ずいしょう)による〔改元年月日〕和銅(わどう)8年(715)9月2日霊亀と改元、霊亀3年(717)11月17日養老(ようろう)と改む〔出典〕不明、『易経』頤卦(いか)に「初九舎爾霊亀、観我朶頤」とある.
  9. ^ 森本 1933,第162頁.
  10. ^ 戴聖.   王制, 5. 
  11. ^ 戴聖.   文王世子, 8. 
  12. ^ 小學館 1994〔天皇〕元正(げんしょう)〔改元理由〕美濃(みの)国の美泉の瑞祥(ずいしょう)による〔改元年月日〕霊亀(れいき)3年(717)11月17日養老と改元、養老8年(724)2月4日神亀(じんき)と改む〔出典〕不明、『礼記(らいき)』王制に「有虞氏皇而祭、深衣而養老」、同文王世子に「凡大合楽必遂養老」とある.
  13. ^ 森本 1933,第163頁.
  14. ^ 森本 1933,第164-165頁.
  15. ^ 戴德.   易本命, 13. 
  16. ^ 小學館 1994〔天皇〕聖武(しょうむ)〔改元理由〕白亀を献上された祥瑞(しょうずい)による〔改元年月日〕養老(ようろう)8年(724)2月4日神亀と改元、神亀6年(729)8月5日天平(てんぴょう)と改む〔出典〕不明、『大戴礼(だたいれい)』巻13に「有甲之蟲三百六十、而神亀為之長」とある.
  17. ^ 森本 1933,第164頁.
  18. ^ 18.0 18.1 森本 1933,第165頁.
  19. ^   , 31. 
  20. ^ 戴聖.   大學, 42. 
  21. ^ 小學館 1994〔天皇〕聖武(しょうむ)〔改元理由〕左京職が背に「天王貴平知百年」と文のある亀を献上した瑞祥(ずいしょう)による〔改元年月日〕神亀(じんき)6年(729)8月5日天平と改元、天平21年(749)4月14日天平感宝(かんぽう)と改む〔出典〕不明、『易経』篆(たん)下伝に「聖人感人心而天下和平」、『礼記(らいき)』大学に「国治而后天下平」とある.
  22. ^ 森本 1933,第166頁.
  23. ^ 小學館 1994〔天皇〕聖武(しょうむ)、孝謙(こうけん)〔改元理由〕陸奥(むつ)国から黄金を献上された瑞祥(ずいしょう)による〔改元年月日〕天平21年(749)4月14日天平感宝と改元、同年7月2日天平勝宝(しょうほう)と改む〔出典〕不明.
  24. ^ 天平勝宝. 日本の元号がわかる事典. 讲谈社. 755年(天平勝宝7)には、勅命により「年」の記述が「歳」に改められた。このため、以後は天平勝宝7歳・8歳・9歳と表記された。 
  25. ^ 小學館 1994〔天皇〕孝謙(こうけん)〔改元理由〕即位による〔改元年月日〕天平感宝(かんぽう)元年(749)7月2日天平勝宝と改元、天平勝宝9年(757)8月18日天平宝字(ほうじ)と改む〔出典〕不明.
  26. ^ 小學館 1994〔天皇〕孝謙(こうけん)、淳仁(じゅんにん)、称徳(しょうとく)〔改元理由〕宮中と駿河(するが)国で瑞字(ずいじ)を生じた祥瑞(しょうずい)による〔改元年月日〕天平勝宝(しょうほう)9年(757)8月18日天平宝字と改元、天平宝字9年(765)1月7日天平神護(じんご)と改む〔出典〕不明.
  27. ^ 天平宝字. 日本の元号がわかる事典. 讲谈社. 孝謙天皇の寝殿の天井に「天下大平」の4字が現れ、駿河国で「五月八日開下帝釋標知天皇命百年息」の文字(宝字)を作った蚕が献じられたことを理由に改元が行われた(祥瑞改元)。 
  28. ^ 小學館 1994〔天皇〕称徳(しょうとく)〔改元理由〕即位による〔改元年月日〕天平宝字(ほうじ)9年(765)1月7日天平神護と改元、天平神護3年(767)8月16日神護景雲(けいうん)と改む〔出典〕不明.
  29. ^ 小學館 1994〔天皇〕称徳(しょうとく)〔改元理由〕慶雲の祥瑞(しょうずい)による〔改元年月日〕天平神護(てんぴょうじんご)3年(767)8月16日神護景雲と改元、神護景雲4年(770)10月1日宝亀(ほうき)と改む〔出典〕不明.
  30. ^ 戴聖.   樂記, 19. 
  31. ^ 小學館 1994〔天皇〕光仁(こうにん)〔改元理由〕肥後国より白亀が献上された瑞祥(ずいしょう)による〔改元年月日〕神護景雲(じんごけいうん)4年(770)10月1日宝亀と改元、宝亀12年(781)1月1日天応(てんおう)と改む〔出典〕不明、『礼記(らいき)』楽記に「青黒緑者、天子之宝亀也」とある.
  32. ^ 32.0 32.1 森本 1933,第167頁.
  33. ^   , 49. 
  34. ^ 小學館 1994〔天皇〕光仁(こうにん)、桓武(かんむ)〔改元理由〕美雲の祥瑞(しょうずい)による〔改元年月日〕宝亀(ほうき)12年(781)1月1日天応と改元、天応2年(782)8月19日延暦(えんりゃく)と改む〔出典〕不明、『易経』彖(たん)下伝に「湯武革命順乎天、而応乎人、革之時大矣哉」とある.
  35. ^ 魏徵.   卷第二十六, 26. 
  36. ^ 小學館 1994〔天皇〕桓武(かんむ)、平城(へいぜい)〔改元理由〕桓武天皇の即位による〔改元年月日〕天応(てんおう)2年(782)8月19日延暦と改元、延暦25年(806)5月18日大同(だいどう)と改む〔出典〕不明、『群書治要』巻26に「民詠徳政、則延期過歴」とある(歴は暦に通じる).

參考書籍编辑

參見编辑