片山東熊(かたやま とうくま)是一位日本明治天皇時期的建築家,出生於山口縣。片山東熊是工部大学建築学科第1期學生,工手学校(現工学院大学)造家学科教務主理。

片山東熊
Katayama-Tokuma.jpg
宮内官大礼服に勲一等旭日大綬章を着用した片山
出生 1854年1月18日
長門国萩(現・山口縣萩市
逝世 1917年10月24日
国籍  日本
母校 工部大学校
奖项 勲一等旭日大綬章

片山東熊曾設計許多宮内省的宮廷建築、博物館、貴族私人宅邸。

生平编辑

主要作品编辑

作品 所在地 備考
しんしゆくきよえんおやすみしよ/新宿御苑御休所 1888年(明治21年) 東京都新宿區 重要文化財
にほんせきしゆうしひよういん/日本赤十字病院 1890年(明治23年) 愛知県犬山市 遷移至明治村
しんくうのうきようかん/神宮農業館 1891年(明治38年) 三重県伊勢市 再建 
ならこくりつはくふつかん/奈良国立博物館 1894年(明治27年) 奈良市 重要文化財
きようとこくりつはくふつかん/京都国立博物館 1895年(明治28年) 京都市 重要文化財
しんふうかく/仁風閣 1907年(明治40年) 鳥取市 重要文化財
とうきようこくりつはくふつかんひようけいかん/東京国立博物館 表慶館 1908年(明治41年) 東京都台東區 重要文化財
きゆうとうくうこしよ/旧東宮御所 (迎賓館赤坂離宮 1909年(明治42年) 東京都港區 国宝 
きゆうたけたのみやてい/旧竹田宮邸 (現・グランドプリンスホテル高輪貴賓館)  1911年(明治44年) 東京都港區  
しんくうちようこかん/神宮徴古館 1911年(明治44年) 三重県伊勢市 再建(一部変更)
きゆうこしよすいとうほんふしつ/旧御所水道ポンプ室(現・九条山浄水場ポンプ室) 1912年(明治45年) 京都市山科區

參考資料编辑

外部連結编辑