打开主菜单

花乃まりあ[1],日本女演員,前寶塚歌劇團花組主演娘役。 東京都多摩市[2]、恵泉女學園中學校[2]出身。身高164公分[2],血型O型[3]。愛稱 かのちゃん

花乃瑪麗亞(かの まりあ)
艺人或艺术家
出生 10月12日
 日本
职业 舞台演員
活跃年代 2010-
日語寫法
日語原文 花乃まりあ
假名 かの まりあ
平文式罗马字 Kano Maria

簡介编辑

  • 2008年,進入寶塚音樂學校,為第96期生。同期有前雪組主演娘役咲妃みゆ、星組主演娘役綺咲愛里、前雪組娘役則松 亜海(寶塚時期的藝名為夢華 あみ)。
  • 2010年,寶塚歌劇團入團,初舞台為月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』,之後配屬於宙組
  • 2014年3月1日、組替至花組。
    • 同年在明日海りお的大劇場披露目『エリザベート -愛と死の輪舞-』中初次擔任歌姬(エトワール),並於該劇新人公演中,飾演伊麗莎白皇后一角。
    • 同年11月17日、接任退團的蘭乃はな,就任花組主演娘役。
  • 2015年、擔任明日海りお第二任相手役,披露目為『Ernest in Love』,大劇場披露目為『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』
  • 2017年2月5日、於東京寶塚劇場公演『雪華抄/金色の砂漠』千秋樂退團。

寶塚歌劇團時期主要舞台编辑

宙組時代编辑

  • 2010年11月 - 2011年1月、『誰がために鐘は鳴る』飾演 町の女ほか
  • 2011年5月 - 8月、『美しき生涯/ルナロッサ』飾演 弁財天ほか、新人公演:小姓(本役:彩花まり日语彩花まり
  • 2011年10月 - 12月、『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』飾演 靴磨き少年ほか、新人公演:シルヴィア・ロッシ(本役:すみれ乃麗日语すみれ乃麗
  • 2012年1月 - 2月、『ロバート・キャパ 魂の記憶/クライマックス』(寶塚Bow Hall・日本青年館)飾演 エンマ
  • 2012年4月 - 7月、『華やかなりし日々』飾演 ジーグフェルド・ガールほか、新人公演:ポーラ・オースティン(本役:すみれ乃麗)
  • 2012年8月 - 11月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』飾演 ケンプの恋人ほか、新人公演:希爾格爾·馮·瑪林道夫(本役:実咲凜音) *新人公演初主演
  • 2013年1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(博多座)飾演 尤里安·敏茲
  • 2013年3月 - 6月、『モンテ・クリスト伯/Amour de 99!!-99年の愛-』飾演 港の娘ほか、新人公演:メルセデス(本役:実咲凜音)*新人公演主演
  • 2013年7月 - 8月、『the WILD Meets the WILD』(寶塚Bow Hall)飾演 エマ・トゥワイニング *Bow Hall 初主演
  • 2013年9月 - 12月、『風と共に去りぬ』飾演 令嬢ほか、新人公演:スカーレット・オハラ(本役:朝夏まなと七海ひろき*新人公演主演
  • 2014年2月、『ロバート・キャパ 魂の記録/シトラスの風日语シトラスの風II』(中日劇場)飾演 エンマ

花組時代编辑

花組主演娘役時代编辑

  • 2015年1月、『Ernest in Love』(東京国際フォーラム)飾演 グウェンドレン・フェアファックス
  • 2015年3月 - 6月、『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』*大劇場披露目公演
    • 飾演 アリシア・グランディー、新人公演:バルドー夫人(本役:梅咲衣舞)
  • 2015年7月 - 8月、『ベルサイユのばら - フェルゼンとマリー・アントワネット編 -/宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』(梅田藝術劇場台北國家戲劇院) 飾演 マリー・アントワネット
  • 2015年10月 - 12月、『新源氏物語/Melodia -熱く美しき旋律-』
    • 飾演 藤壺の女御
    • 新人公演:弘徽殿の女御(寶塚)(本役:京三紗)、中務の君(東京)(本役:鞠花ゆめ)
  • 2016年2月 - 3月、『Ernest in Love』(梅田藝術劇場・中日劇場)飾演 グウェンドレン
  • 2016年4月 - 7月、『ME AND MY GIRL日语ミー・アンド・マイガール (宝塚歌劇)』飾演 サリー・スミス
  • 2016年9月、『仮面のロマネスク/Melodia -熱く美しき旋律-』(全國公演)飾演 メルトゥイユ夫人
  • 2016年11月 - 2017年2月、『雪華抄/金色の砂漠』飾演 タルハーミネ  *退團公演、エトワール

外部連結编辑

腳註编辑

  1. ^ 田暐瑋. 101年的日本國寶! 「寶塚歌劇團」8月華麗登台演出. ETtoday新聞雲. 2015-01-27 (中文(台灣)‎). 
  2. ^ 2.0 2.1 2.2 『宝塚おとめ 2013年度』阪急コミュニケーションズ、2013年、142頁。ISBN 978-4-484-13506-9
  3. ^ 『NEW GENERATION III』阪急コミュニケーションズ、2013年、61頁。ISBN 978-4-484-13514-4