打开主菜单

藤原 麻吕ふじわらのまろ;695年(持統天皇九年)-737年8月17日(天平九年七月十三))是日本奈良時代貴族藤原不比等的四子,也是藤原四兄弟中年纪最轻的一位。官至从三位・参議。是藤原京家的开山鼻祖。

目录

经歴编辑

養老元年(717年)任从五位下・美濃国司。父・不比等去世后翌年的養老5年(721年)一举升晋从四位上,任左右京大夫。神龟3年(726年)叙正四位上。神龟6年(729年)長屋王之变後晋从三位位列公卿。天平3年(731年)因官人等的推举与其兄・宇合共任参議。同年以兵部卿山陰道鎮撫使

天平9年(737年)任持節大使、陸奥按察使鎮守将軍・与大野東人一起,建造了自多賀城出发经雄勝村的由陸奥国出羽国的直通路。同年归京、因当時流行的天花于7月13日薨去。享年43。最終官位达参議兵部卿从三位。因为当时四兄弟短期間相继过世,有推测指出可能是因为四人间互相看望导致传染的原因。

藤原京家的由来正是因为麻吕曾任京職大夫。

人物编辑

长于修辞,爱好。作为和歌歌人在『万葉集』留有3首、『怀風藻』中留有5首和歌作品。

系譜编辑

参考文献编辑

  • 関本みや子「万葉後期贈答歌の様相-藤原麻呂・坂上郎女贈答歌群をめぐって-」、『上代文学』50、1983年
  • 奈良国立文化財研究所『平城京長屋王邸跡』本文編、吉川弘文館、1996年
  • 橋本達雄「藤原麻呂、大伴郎女の贈答歌と巻十三」、『専修国文』54、1994年
  • 北野 達「藤原麻呂との贈答歌」、『セミナ―万葉の歌人と作品』10巻、2004年
  • 遠藤 宏「最初期の大伴坂上郎女-藤原麻呂との贈答歌をめぐって-」、『国語と国文学』74-4、1997年
  • 林 陸朗「天平期の藤原四兄弟」、『国史学』157、1995年
  • 木本好信「藤原麻呂の前半生について」、『甲子園短期大学紀要』28、2010年
  • 木本好信『藤原四子』、ミネルヴァ書房、2013年

関連項目编辑