藤子·F·不二雄

日本漫畫家

藤子·F·不二雄(日语:藤子・F・不二雄ふじこ・エフ・ふじお Fujiko F Fujio,1933年12月1日-1996年9月23日),本名藤本弘藤本 弘ふじもと ひろし Fujimoto Hiroshi),日本漫画家富山縣高岡市人、毕业于富山縣立高岡工藝高等学校電氣科[1][3]血型O。代表作有《哆啦A夢》、《小超人帕門》、《奇天烈大百科》、《超能力魔美》。

藤子·F·不二雄
Fujikof.jpg
出生藤本 弘Fujimoto Hiroshi[1]
(1933-12-01)1933年12月1日
 大日本帝国富山縣高岡市[1]
逝世1996年9月23日(1996歲-09-23)(62歲)[1]
 日本東京都新宿區慶應義塾大學醫院[2]
死因肝衰竭
国籍 日本
职业漫畫家
活跃时期1951年-1996年
知名于小鬼Q太郎》(共作)
哆啦A夢》系列
小超人帕門
奇天烈大百科
超能力魔美
奖项第8回小学館漫画賞
前進火箭人日语すすめロボケット戴手套的小铁君日语てぶくろてっちゃん
第27回小学館漫画賞児童部門
第1回手塚治虫文化賞漫畫大賞
哆啦A夢
第23回日本漫画家協会賞文部大臣賞
電影特別功労賞
金毛獎日语ゴールデングロス賞
神戶動畫獎96読売賞
日語寫法
日語原文藤子・F・不二雄
假名ふじこ・エフ・ふじお
平文式罗马字Fujiko F Fujio

藤本弘曾长期与安孫子素雄(笔名藤子不二雄Ⓐ)合作,兩人相识於高冈市立定塚小学校,并一起绘画漫画,投稿到中以藤子不二雄笔名創作。後兩人於1987年正式分拆筆名,其中藤本弘稱為「藤子不二雄Ⓕ」,F即其本名姓氏開頭首字母,1989年2月,經過藤本友人石之森章太郎先生的建議,將筆名改為「藤子·F·不二雄」。目前藤子·F·不二雄的作品版權管理由藤子·F·不二雄創作株式會社負責。

经历编辑

  • 1996年:獲得「神戶動畫96」讀賣獎(“对促进漫画文化和产业振兴做出的贡献”,アニメーションの文化と産業振興への寄与に対して
  • 1997年:獲得第1回手塚治虫文化賞漫画大奖(《哆啦A梦》)
  • 2006年:正式宣布在川崎市的生田綠地建立“藤子·F·不二雄的藝術作品”紀念館。(2011年建成)

作品编辑

藤子·F·不二雄一方面向小學館面向兒童的學習雜誌《快樂龍》製作面向兒童的漫畫。另一方面也在《Big Comic》等面向成人的漫畫雜志繪畫SF(科幻)短篇漫畫。藤子·F·不二雄的「SF」,含有「一小點的不可思議」的意思。其中經常使「不平凡的東西」跳入日常生活的作品。

未發表作品编辑

  • RING(1948年)※肉筆同人誌。
  • 少太陽(1950年)※肉筆回覧誌。
  • ベン・ハー(1952年)

投稿作品编辑

從初中到高中間,藤本曾單獨在『漫畫男孩』、『北日本新聞』、『國王』和『朝日圖表』投稿連環漫畫。

  • 種まき奇談(1950年、漫画少年、2頁) ※藤本弘名義。
  • 時の記念日(1950年、漫画少年) ※藤本弘名義。
  • ダンゴ仙人とたなばた(1950年、漫画少年、4格) ※藤本弘名義。
  • はかられたか!(1950年、漫画少年) ※藤本弘名義。
  • こんな子供に誰がした(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • ああ無情(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • 花咲爺さんの嘆き(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • 幼児の心理(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • りんきおうへん(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • スピード興業(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • 諸行無常(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • コロコロマダム(1950年、北日本新聞、3格) ※藤本弘名義。
  • 奇禍(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • サンドウィッチマン(1950年、北日本新聞、4格) ※藤本弘名義。
  • かるたとり(1951年、週刊市民新聞 一月新春号、4格) ※藤本弘名義。
  • 天狗昇トビキリ(1951年、キング、4格) ※手塚不二雄名義。
  • 大奇術(1951年、キング、4格) ※手塚不二雄名義。
  • ギョッ(1951年、サンデー毎日、4格) ※手塚不二雄名義。
  • 遠近法利己すぎらア(1951年、漫画少年、4格) ※藤本弘名義。
  • 公正取引(1951年、北日本新聞、4格) ※手塚不二雄名義。
  • 遺作(1952年、アサヒグラフ、4格) ※牛塚不二雄名義。

連載漫畫编辑

劇畫、SF编辑

等其他

纪念编辑

藤子·F·不二雄的墓碑位於川崎市绿丘灵园。最近的车站是南武线津田山站。此外为了纪念藤子·F·不二雄先生,一座展览有藤子先生生前创作的原画等展品的纪念馆,于2006年年初在川崎市多摩区的生田绿地诞生。藤子先生从1961年开始住在这裡,在1996年去世之后,妻子正子女士向该市给予了原画4万件的赠礼。2011年9月3日,藤子·F·不二雄博物館正式開幕,距離最近的车站是南武线宿河原站

出演编辑

電影编辑

電視節目编辑

  • 酸梅星王子(1969年9月2日) - 第23回(與藤子不二雄A共同登場、聲優均為本人擔任)
  • 春假/暑假漫畫節(1981年3月11日、1984年3月14日)
  • 輝け! オールスター春の番組対抗ボウリング大会(1982年3月24日)
  • ドラえもん・ヨーロッパ鉄道の旅(1983年10月18日)
  • ウゴウゴルーガ(1993年5月24日 - 28日)
  • 哆啦A夢 放送14周年特番(1993年9月9日)
  • 天才兒童MAX (1994年11月7日)

出現的作品编辑

電視劇编辑

電視動畫编辑

電影编辑

相关条目编辑


引用编辑

  1. ^ 1.0 1.1 1.2 1.3 まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、323 - 324頁
  2. ^ 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか. 現代ビジネス. 2011-08-17 [2019-12-22]. 
  3. ^ 「怪物くん」「笑ゥせぇるすまん」「魔太郎がくる!!」など/藤子不二雄Aさんの主な作品. 日刊スポーツ. 2022-04-07 [2022-04-07]. 
  4. ^ 番組エピソード 銀河テレビ小説「まんが道」 -NHKアーカイブス
  5. ^ キテレツ大百科 : 作品情報. アニメハック. [2020-12-08]. 
書目
  • 藤子不二雄(藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄)『二人で少年漫画ばかり描いてきた 戦後児童漫画私史』 毎日新聞社、1977年/文春文庫、1980年、各・絶版。復刻版・日本図書センター、2010年1月、ISBN 978-4284700412
  • 藤子プロ監修、さいとうはるお絵、黒沢哲哉シナリオ 『学習まんが人物館 藤子・F・不二雄』 小学館、1997年10月、ISBN 4-09-270111-X
子供向けの漫画だが、藤本の肉親にも取材しており[1]一定の史料価値はある。ただし、作中に登場する編集者は煩雑なため、複数の編集者が架空の「小館」という人物に置き換えられている。
  • 『藤子・F・不二雄 「ドラえもん」はこうして生まれた ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉』 同編集部、筑摩書房、2014年8月、ISBN 978-4480766151。青春時代の評伝
  • むぎわら しんたろう:「ドラえもん物語 藤子・F・不二雄先生の背中 」、小学館(てんとう虫コミックススペシャル)、ISBN 978-4091424921(2017年8月28日)。

外部連結编辑

  1. ^ 黒沢哲哉 小学館版 学習まんが人物館シリーズ こどもの夢をえがき続けた「ドラえもん」の作者 藤子・F・不二雄